英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN March 2013

The Government Wants Your DNA

政府が狙うあなたのDNA

By Erin Murphy E. マーフィー
English 日本語 日本語
Starting in the mid-1980s, a serial killer murdered at least 10 women in the Los Angeles area. Nicknamed the “Grim Sleeper” because of the long dormancy between his crimes, he eluded capture for nearly 25 years. Then, in 2010, police arrested a man in California for what appeared to be a totally unrelated felony weapons charge. State law required the man to submit a DNA sample for a national DNA database. Typically a DNA database search looks for an exact match between a profile of DNA left at a crime scene by an unknown person and the profile of a known convicted offender. It focuses on 13 places in the genome (the full complement of our DNA) where bits of genetic material vary from person to person. If the crime-scene material differs in any of those 13 places, then the samples do not match, and investigators know that they do not have their suspect.  1980年代半ばからロサンゼルス一帯で少なくとも10人の女性を殺害した連続殺人犯がいた。犯行から次の犯行への期間が長いことから「グリム・スリーパー」(残忍な睡眠者)と呼ばれたこの犯人は25年近くも逮捕を免れていたが,警察は2010年,まったく別件の武器がらみの重犯罪でカリフォルニア州在住のある男を逮捕した。州法の定めにより,男は全米DNAデータベース向けのサンプル提出を義務付けられた。DNAデータベース検索では一般に,前科者のDNAプロファイルの中に,犯行現場に残されたDNAのプロファイルと完全に一致するものがあるかどうかを調べる。比較は,遺伝子配列の一部が人ごとに異なるゲノムの13カ所で行われる。犯行現場に残されたDNAがこの13カ所のどこかで異なっていれば不一致となり,容疑者の特定には至らない。
This time, however, the search was more subtle. It aimed to find DNA profiles that were similar, but not an exact match, to that of the Grim Sleeper. Such an inquiry was possible because in 2008 California became the first state in the nation to formally authorize a new kind of database search. Known as kinship, or familial, matching, this technique looks for partial DNA matches. It is conducted after DNA found at a crime turns up no exact hit. Because related people tend to share more DNA with one another than they do with strangers, a “near miss” in the database may suggest that the search found a person related to the actual perpetrator. Police can then investigate the relatives of the person in the database with the hope of solving the crime.  しかし今回のサンプル検索はより詳細に行われた。見つけようとしたのは,グリム・スリーパーのDNAプロファイルと完全に一致するものではなく,類似したDNAプロファイルだった。こうした捜査が可能になったのは,2008年にカリフォルニア州が全米で初めて,新たな手法によるデータベース検索を正式に許可したためだ。親族照合あるいは家族照合と呼ばれるこの手法はDNAの部分的一致を探すもので,完全一致のプロファイルが見つからなかった場合に実施される。親族同士は多くのDNAを共有する傾向がある。データベースに似通ったものが見つかれば,それは犯人の親族かもしれない。警察は事件解決のため,データベースの人物の親族を捜査するわけだ。
In the case of the Grim Sleeper, a familial search in 2008 turned up nothing. Two years later, however, the same inquiry generated a lead to the man who had been arrested in California for the weapons offense. Given the fellow’s age and the dates of the serial killer’s first attacks, suspicion focused quickly on an older relative—his father. A police officer, posing as a waiter at a pizza restaurant, surreptitiously collected genetic samples as the family ate a meal. The sample from the father matched the crime-scene evidence collected long ago, and shortly thereafter the alleged Sleeper was arrested.  グリム・スリーパーの場合,2008年にはこの方法でも何も見つからなかったが,2年後に同じ調査を行ったところ,武器犯罪でカリフォルニアで逮捕されていた件の男とのつながりが浮上した。男の年齢と,連続殺人犯の最初の犯行時期からみて,年長の親族,すなわち男の父親が疑われた。この家族がピザ・レストランで食事中に,ウエイターを装った警察官が遺伝子サンプルをこっそり採取した。父親のDNAサンプルは,犯行現場の証拠と一致した。スリーパーとおぼしきこの人物はまもなく逮捕された。
This kind of DNA story is so electrifying that television shows like to copy it: a ruthless killer at last outwitted by flashy technology and dogged police persistence. Yet there is another kind of high-tech tale—also about a search for a serial killer—that is equally noteworthy but decidedly disturbing.  DNA捜査にまつわるこの種の鮮やかな話は,テレビドラマの題材にうってつけだ。非情な殺人者が,華々しいテクノロジーと警察の粘り強い捜査によってついに尻尾を掴まれる。だが,連続殺人犯捜査のハイテク物語がもうひとつある。同じように注目に値するが,明らかに憂慮すべきものだ。