英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN February 2013

Brain Cells for Grandmother

記憶の引き出し「コンセプト細胞」

By Rodrigo Quian Quiroga /Itzhak Fried/Christof Koch R. キアン=キローガ /I. フリード/C. コッホ
English 日本語 日本語
Once a brilliant Russian neurosurgeon named Akakhi Akakhievitch had a patient who wanted to forget his overbearing, impossible mother. Eager to oblige, Akakhievitch opened up the patient’s brain and, one by one, ablated several thousand neurons, each of which related to the concept of his mother. When the patient woke up from anesthesia, he had lost all notion of his mother. All memories of her, good and bad, were gone. Jubilant with his success, Akakhievitch turned his attention to the next endeavor—the search for cells linked to the memory of “grandmother.”  ある日,ロシアの天才脳外科医アカヒ・アカヒエヴィッチのもとに,横柄でどうしようもない母親のことを忘れたいという患者が訪れた。アカヒエヴィッチは望みをかなえてやろうと患者の脳を開き,彼の「母親」という概念にかかわる数千個のニューロンを1つずつ切除していった。患者は麻酔から覚めると,母親に関する事柄を全部忘れていた。良いことも悪いことも,母についてのすべてが消え去った。この成功を喜んだアカヒエヴィッチは,続いて“おばあさん”の記憶に関するニューロンを探し始めた──。
The story, of course, is fiction. The late neuroscientist Jerry Lettvin (who, unlike Akakhievitch, was real) told it to a crowd of students at the Massachusetts Institute of Technology in 1969 to illustrate the provocative idea that as few as about 18,000 neurons could form the basis of any particular conscious experience, thought or memory of a relative or any other person or object we might come across. Lettvin never proved or disproved his audacious hypothesis, and for more than 40 years scientists have debated, mostly in jest, the idea of “grandmother cells.”  この話はもちろんフィクションだ。1969年に,(アカヒエヴィッチとは違って実在した)認知科学者の故レトビン(Jerry Lettvin)が,ある挑発的なアイデアを説明するためにマサチューセッツ工科大学の学生に語ったものだ。それはたった1万8000個のニューロンがあらゆる意識的な体験──親族や自分が出会った人,もののすべてに関する思考や記憶──の基本となるというアイデアだ。レトビンはこの大胆な仮説を証明も反証もせず,科学者は40年以上にわたって,「おばあさん細胞」というこのアイデアを面白半分に議論してきた。
The idea of neurons that store memories in such a highly specific manner goes all the way back to William James, who in the late 19th century conceived of “pontificial cells” to which our consciousness is attached. The existence of these cells, though, runs counter to the dominant view that the perception of any specific individual or object is accomplished by the collective activity of many millions if not billions of nerve cells, what Nobel laureate Charles Sherrington in 1940 called “a millionfold democracy.” In this case, the activity of any one individual nerve cell is meaningless. Only the collaboration of very large populations of neurons creates meaning.  ニューロンがそうした極めて特殊な方法で記憶を蓄えているという考えは,19世紀後半,私たちの意識を生み出す「教皇細胞」を考え出したジェームズ(William James)に遡る。だが,そのようなニューロン集団の存在は現在主流となっている考え方,つまり特定の人物や物事に関する知覚は,何十億ではないにせよ,数百万個のニューロンの集団的な活動によって生じるという見方と相容れない。これはノーベル生理学・医学賞を受賞したシェリントン(Charles Sherrington)が1940年に「100万からなるデモクラシー」と呼んだ考え方で,これによると個々のニューロンの活動には意味がなく,多数のニューロンの協調によってのみ意味がもたらされる。
Neuroscientists continue to argue about whether it takes relatively few neurons—on the order of thousands or less—to serve as repositories for a particular concept or whether it takes hundreds of millions distributed widely throughout the brain. Attempts to resolve this dispute are leading to new understanding of the workings of memory and conscious thought—with a little help from Hollywood.  脳神経学者らは今も,特定のコンセプトを保存しているのは比較的少数(数千個かそれ以下)のニューロンなのか,それとも脳全体に分布する何億個ものニューロンなのかについて,議論を続けている。この論争を解決しようとする試みの中で,記憶や意識的な思考についての新たな理解が得られつつある。実験はハリウッドのセレブたちにも少々手伝ってもらった。