きょうの日経サイエンス

2012年8月1日

夏休み,親子で楽しくサイエンスしませんか? 

 

8月に入って夏休みもいよいよ本番!ですね。

楽しい夏休みですが,宿題も忘れてなりません(´。`)

まだ余裕があると思っているとあっという間に最後の週でギリギリになって

怒られつつ,半泣きで宿題を片付けた思い出………(;´Д`)

 

でもだいじょうぶ。いまならまだ夏休みの宿題に余裕で取り組めます!
自由研究のテーマ探しに悩んだら,発売中の9月号特別付録『親と子の科学の冒険2012』をぜひ開いてください。

 

毎年恒例の特別付録『親と子の科学の冒険』,今年のトップは,海野和男先生の自然エッセイ「蝶の道」

昆虫写真家の海野さんが,チョウに出会える道筋を調べることで出会える自然観察の感動を伝えてくれます。

続けて昆虫観察の「カブトムシとクワガタムシ」では雑木林以外で出会える身近な場所を教えてくれます。

 

「動物園でアニマル・ウォッチング」は稀少動物の保護を考えることの大切さ・鳥のくちばしの役割をご紹介。

案内してくださるのは東京・武蔵野市にある井の頭自然文化園 園長の成島悦雄さんです。

 

自分で捕まえてきた生き物を飼うのも夏休みの楽しみのひとつ。日本野生生物研究所の奥山英治さんが,

イモリとテナガエビの上手な飼い方,繁殖のポイントなどを伝授します。

 

 

「夏休みブックガイド」は23冊のお勧め本を紹介。
絵本や図鑑,実験ガイドに数学や物理と幅広いジャンル,

子どもも大人も楽しんでいただける読み物など,

新刊を中心にご案内します。

夏の読書の参考にしていただけると嬉しいです。

ぜひ書店で手にとってみてください。

 

 

「どこかに連れて行ってよ〜」なんてお子さんのお願いで

夏休みのお出かけ先をお探しという方は「夏休みのイベント情報」をどうぞ。

「自然と科学ふれあう」「星空を眺めよう」では全国のイベントを紹介。

 

今月号のアンケートでは,夏休みの後もお使い頂ける日本科学未来館の招待券のチケットプレゼントも行っています。

 

本誌にも,楽しんで頂けるイベント情報が掲載されています。ぜひお早めにチェックしてくださいね。

 

親子で読めて夏休みの宿題もバッチリ!
こんな「親と子の科学冒険2012」は本誌9月号にもれなく付いてきます。
ぜひご家族みんなでお楽しみください。

 

 

→ 日経サイエンス9月号の紹介ページ