英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN May 2012

Erasing Painful Memories

恐怖の記憶を消す薬

By Jerry Adler J. アドラー
English 日本語 日本語
The rat is on a carousel with clear plastic sides, rotating slowly in a small room. As it looks out through the plastic, it sees markings on the walls of the room from which it can determine its position. At a certain location it receives a foot shock—or, in experimenters’ jargon, a negative reinforcement. When that happens, the rat turns sharply around and walks tirelessly in the opposite direction, so it never reaches that same place in the room again. It will do this to the point of exhaustion.  小さな部屋の中に,ゆっくりと回る回転台が置かれており,その上にラットがいる。台の周りは透明なプラスチック板で覆われ,ラットはプラスチック越しに壁の目印を見て,自分の位置を知ることができる。
 ある位置でラットは足に電気ショックを受ける。専門用語でいう「負の強化」だ。とたんにラットは向きを変え,逆方向に延々と歩き続ける。ショックを感じた位置に二度と戻ることはない──疲れ果てて歩くのをやめるまでは。
Question: How do you get the rat to stop walking? Note that just turning off the shock will not suffice, because the rat will not allow itself to enter the danger zone. The rat needs an intervention that helps it forget its fear or that overrides its response with a competing signal of safety.  ここで問題だ。ラットに歩くのをやめさせるにはどうしたらいいだろうか? 単に電気ショックのスイッチを切るだけでは不十分だ。危険な場所を覚えていて,相変わらず近づこうとはしないだろう。ラットが恐怖を忘れるか,安全だという逆の信号によって危険回避の反応が起こらないように助けてやる必要がある。
So much for the rat. Now think of some­one who has been wounded in combat and suffers from the vague but real cluster of symptoms called post-traumatic stress disorder (PTSD). He, too, associates specific contexts or stimuli—open spaces, crowds, sudden loud noises—with something painful. He avoids those circumstances when he can. He is in the same bind as the rat on the turntable: unable to discover for himself that certain situations are now safe. How do we get him to stop running?  ラットの話はこの辺でいいだろう。今度は戦闘で負傷し,はっきりしないが確実に存在する様々な症状,つまり心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんでいる人のことを考えよう。PTSDの患者もまた,特定の状況や刺激(開けた場所,人混み,突然聞こえてくる大きな音など)を何らかの苦痛に結びつけてしまっており,そうした状況を極力避けようとする。回転台の上のラットと同様,その状況が今はもう安全だということを見いだすことができない。どうすればこの患者の“暴走”を止められるだろう?
The rat on the carousel and the veteran on a crowded street are both prisoners of memory, of the extraordinary power of pain to forge an indelible impression on the brain: be it mammalian, reptile or even invertebrate. As some researchers labor to solve the mystery of memory loss in dementia, others are attacking the mirror-image problem of how to help patients escape the painful memories that dominate their daily life—and not just those with PTSD. An emerging new paradigm views such diverse conditions as phobias, obsessive-compulsive disorder, and even addiction and intractable pain as disorders of learning and memory or, more pointedly, forgetting.  回転台上のラットも人混みの中にいる退役兵も,ともに苦痛という記憶の囚人だ。尋常でない苦痛によって,消すことのできない印象が脳に刻印されてしまっているのだ。こうしたことは,哺乳類でも爬虫類でも,無脊椎動物でも起きる。
 認知症のために記憶が失われるのはなぜかを追究する研究者がいるように,それと逆方向の問題,つまり日常生活を支配するつらい記憶から患者を解放する方法の解明に挑む研究者もいる。その対象は,何もPTSD患者だけではない。最近浮かび上がってきた新しい考え方では,恐怖症や強迫性障害だけでなく,依存症や難治性疼痛でさえ,学習と記憶,もっと具体的には忘却の障害だとみられている。
Some people never forget the time a spider fell into their glass of milk. Others cannot break the association of certain places or situations with getting high. Now researchers are finding that remembering is not just a process of passively storing impressions. It is a continuous, dynamic activity on the cellular level and an ongoing psychological process open to manipulation with drugs and cognitive therapy. This is wonderful news for combat veterans and victims of assaults and accidents. What it means for future generations of historians and personal-injury lawyers remains to be seen.  牛乳の入ったコップにクモが落ちたのをどうしても忘れられない人もいるし,特定の場所や状況で,気持ちが高ぶってしまうのを止められない人もいる。記憶とは感じたことをただ保存するだけのプロセスではないことが,最近の研究からわかってきた。それは細胞レベルでの動的な活動の連続であり,薬や認知療法によって操作することが可能な,現在進行形の心理的プロセスなのだ。これは戦闘経験者や暴行や事故の被害者にとっては朗報だ。ただし将来の歴史家や人身傷害事件専門の弁護士にとってどんな意味があるのかは,まだわからない。