SCOPE & ADVANCE

ソーラーBの準備大詰め〜日経サイエンス2006年9月号より

 今秋に打ち上げられる予定の太陽観測衛星「SOLAR-B」が宇宙航空研究開発機構(JAXA)の相模原キャンパスで公開された。日本としては3番目の太陽観測衛星で,搭載する口径50cmの可視光望遠鏡「SOT」は太陽を観測できる宇宙望遠鏡としては最大。太陽表面からやってくる特定波長の光の振動面は,そこでの太陽磁場の向きの影響を受けているので,SOTはそうした振動面の情報も同時に得ることで,太陽表面の磁場の向きと大きさを求める。
 時々刻々と変わる磁場の振る舞いを把握できれば,太陽にまつわる大きな謎の1つ,コロナ加熱のメカニズムを解明する有力な手がかりが得られる。コロナは太陽を取り巻く大気層で,太陽表面が6000度なのに対し,コロナは100万度もある。そのメカニズムとして,小規模な磁力線のつなぎかえ(磁気再結合)があちこちで起き,それによって磁場のエネルギーが解放されて加熱が起こる「マイクロフレア説」や,乱流によって磁力線が揺さぶられて互いにぶつかり合う際にエネルギーが解放されるとする「波動説」,磁力線のねじれがほどける際に加熱が起こるとする説などがある。いずれも磁力線の挙動に関係しており,SOTへの期待は大きい。

サイト内の関連記事を読む