SCOPE & ADVANCE

ビデオで体外離脱〜日経サイエンス2008年1月号より

ビデオカメラを使って超現実的な体外離脱感を生み出すことができる。
被験者に座ってもらい,その背中を撮影するように2台のカメラをセットした。特殊なヘッドセットを使って,被験者の左目に左側のカメラからの映像を,右目に右側のカメラからの映像を映し出す。被験者の胸をなでると同時にこの動きをカメラの映像を通して見せたところ,被験者は自分が肉体を離れてカメラの位置に座っているかのような奇妙な感覚に襲われたと報告した。別の実験では,自分が実際とはまるで別の場所に立っているように感じられた。
この結果は,私たちの肉体的な自己意識が脳での情報処理に基づいており,さまざまな知覚情報と関連していることを示す。さらに,自己意識がそれぞれの肉体における自己認識から始まることを示している。Science誌2007年8月24日号に掲載。

サイト内の関連記事を読む