きょうの日経サイエンス

2011年3月30日

大科学実験:ロゴと実験レンジャーの秘密

 

NHK大科学実験ファンの皆さま,こんばんは。

 

今晩は再放送がございませんが,新年度の4月からは土曜日の夜を中心に1年間,再放送を続けるようです。来年の4月からは・・・いずれ,NHKより正式発表があるでしょう。

 

ブログやツイッターを見ていると,昨年3月末に放送を始めたころは,実験そのものや細野晴臣さんのナレーションに関する書き込みが多かったのですが,だんだんと,「こんな実験をやってほしい」というのが出てきました。

 

そのなかに,年末だったと思いますが,下記のようなものがありました。
印刷業界の者としては,CMYKのドット絵を空撮して,どう見えるか試してほしい(ツイッター上にあったこのつぶやきを保存しておかなかったため,表現は不正確ですが,主旨はこんな感じです)

 

これを読んで,即座に思ったことが2点
「さすがは印刷業界の方! 実験レンジャーの衣装の秘密に気がつくとは!」
「テレビの人たちは,CMYKって知っているかな?」

 

詫摩は出版業界の人間ですが,出版業界は印刷物業界ですので,CMYKはもちろんわかります。同僚たちもしかり。
ですが,皆さまがCMYKと言われてすぐにピンと来るかどうか,確信が持てません。最近は家庭用プリンターでもカラーが当たり前だから,みんな知っているかな?と思う一方で,でもテレビはRBGの世界だしなぁ・・・と思ったりします。

 

で,チーフディレクターの森美樹さんに聞いてみることにしました。
2人で水炊きをつつきながら脈絡なく話している最中です。
詫摩「そういえば,森さん,シーエムワイケーってわかる?」
森さん,箸を止め眉間にしわを寄せて考えます。
詫摩「じゃあ,アールビージーは?」
森「・・・・え,テレビの・・・色?」(←なぜここでRBGが出てくるのかわからない様子)
詫摩「そうそう。RBGは光の三原色で,CMYKは印刷の・・・」
森「ああ! 聞いたことあります!」

 

皆さまも学校で習ったことがあると思いますが,光の三原色は赤・青・緑でこれをRBGと呼んでいます。テレビはRBGですべての色を表現しています(パソコン画面もRBGです)。対して,絵の具(印刷)の三原色は赤・青・黄色,商業印刷ではこれに黒を加えた4色の細かな細かなドットでフルカラーを実現しています。

 

光の三原色の赤・青・緑は,この名前からイメージされる色にわりと近いのですが,印刷のほうの赤・青・黄色は,日本人の感覚からすると,ピンク・水色・黄色です。

 

左上に大科学実験のロゴを載せていますが,まさに,あの色が印刷の三原色そのものです。そうです! 実験レンジャーの衣装は,印刷の三原色なのです!

ちょっと想像しにくいかもしれませんが,例えばピンクの実験レンジャーと黄色の実験レンジャーが同人数,均一に混ざるようにみっちり並ぶと,近くからは黄色とピンクとしか見えませんが,十分に高い上空から見ると,鮮やかな赤に見えるはずなのです(白地に「今がお得!」などと書くときによく使う,業界では「金赤(きんあか)」と呼ばれる色です)。
同様に,日経サイエンスのイメージカラーである黄緑色は,水色と黄色の実験レンジャーを7対3にすればいいはずです。
どのくらいの高さからならば,そう見えるか,計算でたぶん出るとは思いますが,
まぁ「やってみなくちゃわからない」。

 

そして,当時はまだ放送前だったのですが1月26日放送の「水のナイフ」で黒レンジャーが登場し,CMYKの四色がそろったことになります。
※CMYKとは,順番が違いますが,シアン(水色)マゼンダ(ピンク)イエロー(黄)ブラック(黒)のことです。ブラックをBではなくKにするのは,たぶんブルーとの混同をさせるためでしょう。

 

さて,さきほどの森さんとの会話には続きがあります。
止めていた箸をしっかり置いて,CMYKからロゴと実験レンジャーの衣装について話してくれました。あのデザインをしたのは,番組の総合演出をしたビヨゴン・ピクチャーズの寺嶋章之さんです。

 

森「CMYKって,寺嶋さんから聞いたことあります。あのロゴと実験レンジャーの衣装はそれなんですよ。(三原色の)実験レンジャーが集まってみんなで何かをすると,いろいろなことが現れるはずだって」

 

うわー,それってまさに,三原色のドットで豊かな色を表現することじゃないの!

 

この話を聞いたのは,今年の1月の中旬。最終回間近。
(そんないい話を,なぜ,今まで言わない!
 いや,質問なかった私が悪いのか・・・不覚)
と,食を再開し始めた森さんを鍋を挟んで眺めながら思ったのでした。

 

さて,1年間,お付き合いいただき,本当にありがとうございました。<(_ _)>
冒頭でも書いたように,4月からは土曜日の夜を中心に第1回から順に再放送になるようです。
詳しくは,下記の番組公式サイトからご確認ください。

NHKエデュケーショナルの「大科学実験」公式サイト