きょうの日経サイエンス

2010年12月3日

ヒ素を使う生物を発見! DNAもヒ素で

数日前にNASA(米航空宇宙局)が,宇宙生物学の分野で大きな発見があり,会見をするとアナウンスして,「いよいよ,地球外生命の発見か?!」と話題に。日本時間の今日未明にその会見がありました。

 

残念ながら地球外生命ではなかったのですが,地球の生命としては相当な変わり者が見つかりました。私たち普通の生物にとっては猛毒となる「ヒ素」をDNAに取り込んだバクテリアです。地球上のこれまで知られる生物はすべてDNAに「リン」を使っていますが,今回見つかったバクテリアはリンの部分をヒ素に置き換えていました。成果はScience誌に発表されました。

 

このヒ素生物が見つかったのは,米カリフォルニア州のモノ湖。強アルカリ性の湖として有名です。

 

リンとヒ素は周期表を見れば分かるように,同じ第15族に属していて,化学的な性質がよく似ています(だからこそ,私たちの身体にヒ素が入ると,生理反応を混乱させる毒として働きます)。なので,リンが生体内で担っている役割をヒ素が肩代わりする生命体も「ありうる」だろうと一部の宇宙生物学者たちは考えてきました。

 

日経サイエンスの読者の中には,「あれ? なんか,聞いたことあるぞ」と思われる方がいることでしょう。そうです! 2008年3月号に掲載した「シャドーバイオスフィア 私たちとは別の生命」で詳しく紹介したお話です。この記事の著者であるポール・デイビスは,今回のヒ素生物の論文でも著書の1人として名を連ねています。

 

お手元に2008年3月号がある方は,29ページを開いて下さい。左段の中程にFelisa Wolfe-Simonの名前がありますよね? これが今回のヒ素生物を報告したScience誌の論文の第一著者です。2008年3月号の記事では,ヒ素バクテリアが存在する可能性について書かれているだけですが,ついに見つけた!というのが,今回の発表でした。

地球外生命でなかったのはちょっと残念ですけれど,やっぱりワクワクしますね。


2008年3月号の「シャドーバイオスフィア 私たちとは別の生命」は弊社ダウンロード販売サイトにて,ご購入いただけます。
ぜひ,どうぞ!

NASAのこのニュースのサイトはこちらから(英語)