What’s New

Evasive Anatomy / 変異株を追跡 暴かれたオミクロン株の正体

The Omicron coronavirus variant was likely the fastest-spreading virus in human ­history. One person with the measles virus—a standout among infectious microbes—might infect 15 others within 12 d … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 英語で読む日経サイエンス

AIフェイクの攻防〜日経サイエンス2022年6月号より

ロシアのウクライナ侵略において,「ディープフェイク」技術の懸念が現実のものに   ロシアの侵略行為によってウクライナ国内に戦火が広がるなか,インターネット上の情報空間でも戦争に関連した様々なフェイク情報の拡散が … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, SCOPE & ADVANCE

旧東京天文台堂平観測所(下)

天文学は天の川銀河の領域をはるかに越え,100億光年以上先を見る時代になったが,20世紀半ばにおいては地球のすぐ近くの宇宙の観測も重要な位置を占めていた。日本でその観測拠点となったのが東京大学東京天文台(国立天文台の前身 … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

拠点巡り(問題)

先月号では,無限モグラ国を走る地下トンネル通路網の話にお付き合いいただいたが,今月号はその続きの話を楽しんでいただきたい。  トンネル通路はあちこちで枝分かれしていて,3次元空間を縦横に駆使してありとあらゆる方向に伸びて … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, パズルの国のアリス, パズルの国のアリス(解答なし)

人間はなぜ攻撃的なのか 愛憎の根源に迫る:黒田公美

人間には困っている人に手を差し伸べる利他的な性質が備わっている 半面児童虐待やハラスメント,国家間の戦争といった攻撃的な行動も併せ持つ 愛憎の根源はどこにあるのか。人間の本質の探究に挑む  人間には困っている人に手を差し … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

「時空の創発」って どういうこと? 細谷曉夫氏に聞く

時空は量子もつれから創発する(2022年6月号「創発する時空」)。と言われても,どういう話なのか想像もつかない,という人は多いだろう。 量子もつれといえば,互いに遠く離れた光子や電子どうしの性質が連動して変化する不思議な … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

創発する時空  量子情報がもたらしたパラダイム

物理学において,重力を説明する最善の理論は一般相対性理論だ。アインシュタインが,空間と時間が物質によってどのように歪むかを記述した有名な理論である。それ以外のすべてを最もよく説明するのが量子力学で,物質やエネルギー,素粒 … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

特集:時空の起源

 重力を説明する一般相対性理論と,それ以外のすべてを説明する量子力学。研究者らは,この2つを統合する方法を,1世紀以上にわたって探し続けている。いまだゴールは見えないが,2000年代に入って新たな手がかりが得られた。量子 … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

遠のく脱格差社会

新型コロナウイルスはグローバル経済システムの脆弱性と不平等を露呈し,さらに悪化させた。米国を含め多くの国は,人工呼吸器はおろか,マスクのような簡単な品さえも生産できないことを証明した。そして多くのサプライチェーンが崩壊し … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

なおも消えないウイルス起源の陰謀論

科学の知見が人々の自己コントロール感を脅かすと,遠からず陰謀論が湧いて出るのが常だ。新たなウイルスの出現も例外ではなく,その起源に関する陰謀論を必ず伴ってきた。そうした主張は,はったりを利かす政治関係者によって利用され, … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

実験室から現場へ 検査を革新したPCR技術

DNAの特定の配列を複製して増やすポリメラーゼ反応(PCR)のアイデアは約40年前に生まれ,この方法によって患者の体内に病原体が存在するかどうかを調べる装置が開発されてきた。ただ,COVID前にはこうした装置があるのは大 … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

コロナ後遺症が変えた慢性病のとらえ⽅

パンデミックが始まって2年になるが,コロナ後遺症はいまだにその最大の脅威のひとつであり続けている。初期の推定値によると,国を問わず,ワクチンを接種しないまま感染した人の10~50 %が後遺症を発症していると考えられる。感 … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

変異株を追跡 暴かれたオミクロン株の正体

新型コロナウイルスの変異株オミクロンは,人類史上で最も急速に広まったウイルスだろう。突出した感染力で知られる麻疹ウイルスの場合,1人の感染者から12日間で15人に広がる。だが,去る冬に爆発的に広がったオミクロン株は人から … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

ついに始まったmRNA医薬の時代

わずか17年で,mRNA(メッセンジャーRNA)医薬は概念実証の段階から世界を救うものへと発展を遂げた。ファイザー・ビオンテック製およびモデルナ製のCOVID-19ワクチンは,何億人もの人々に投与され,数え切れないほどの … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

データ解説 コロナ禍の社会変化

データをグラフィック表現に可視化する手法は,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況をリアルタイムで伝えるという新たな役割を得て,人々の日常生活に重要な意味を持つようになっている。パンデミック初期,このウイルス … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事