What’s New

特集:はやぶさ2 帰還

はやぶさ2は小惑星リュウグウの探査を完遂し,そのサンプルを収めたカプセルを携えて地球に帰還した。地球を発って6年,総飛行距離52億4000万kmに及ぶミッションは「100点満点でいえば1万点」と津田雄一プロジェクトマネー … 続きを読む

カテゴリ 2021年2月号, 記事

【日経サイエンスブックフェアフェア】〜全国の書店で開催中!

現在,全国の書店・大学生協約200店舗で日経サイエンスのブックフェアが開催中です。 この機会に是非ご来店いただき,買い逃してしまった別冊日経サイエンスや単行本をお買い求め下さい。 気になっていた別冊や本の中身をチェックし … 続きを読む

カテゴリ 03宣伝・販売スタッフ日記, Information, きょうの日経サイエンス

投稿日 2020年12月23日

特集:AIに言葉の意味はわかるか

かつてAIに言葉の意味を理解させるのは難しいとされていたが,ここ数年で状況は一変した。2年前に読解力のテストで人間の平均点を上回り,昨年はSNSでそれと見破られずにほかのユーザーと会話して注目された。翻訳も格段にうまくな … 続きを読む

カテゴリ 2021年2月号, 記事

人はなぜキレるのか 衝動を生む神経回路

 攻撃行動は動物の生存にとって必須の基本的行動であり,ヒトにも動物にも,攻撃行動の実行・制御に特化した神経回路がある。ヒトと動物の実験から,攻撃行動を引き起こす脳のメカニズムが明らかになってきた。また,暴力犯ではそうでな … 続きを読む

カテゴリ 2021年2月号, 記事

現場ルポ 姿現し始めた核融合実験炉ITER

日米欧ほかの国際協力で準備が進んでいる国際熱核融合実験炉(ITER)は核融合エネルギーの利用を目指す過去最大にして最も野心的な試みだ。曲折の末,2020年7月に本体装置の組み立てが正式に始まった。地上に太陽を作り出す“夢 … 続きを読む

カテゴリ 2021年2月号, 記事

臨死体験 死に瀕した脳が見せる世界

痛みから解放される,トンネルの出口に明るい光が見える,自分が肉体から離れて体のうえを浮遊する――死の淵から生還した人が報告する奇妙な臨死体験には多くの共通点があるうえ,リアルな体験として後々まで鮮明に記憶されている。作り … 続きを読む

カテゴリ 2021年2月号, 記事

地球温暖化対策の誤算 植物バイオマスが足りない

地球温暖化を抑えるための現在の計画は大気中の二酸化炭素(CO2)の吸収・固定を樹木などの植物に頼りすぎている。植物由来のバイオ燃料をCO2回収・貯留と組み合わせて利用する方法を本格的に活用するには大量の植物バイオマスが必 … 続きを読む

カテゴリ 2021年2月号, 記事

日経サイエンス 2021年2月号

惑星科学 特集:はやぶさ2 帰還 はやぶさ2 が小惑星リュウグウのサンプルを収めたカプセルを携えて地球に帰還した。「100 点満点でいえば1 万点」とも総括される6 年間50 億km に及ぶミッションの全容と主要な成果を … 続きを読む

カテゴリ 2021年2月号, トップ, 雑誌

ちゃんと知りたい! 新型コロナの科学

はじめに 不安な世界のなかで、確かなものを積み上げる   第1章 新型コロナウイルスはどうやって見つかったか 原因不明の肺炎、発生病原体を突き止めろ SARSの時は遠回りだった サイバーとリアルで研究を進める … 続きを読む

カテゴリ 別冊・本

嫌気呼吸で金属化合物合成〜日経サイエンス2021年1月号より

期待の電子材料を嫌気性細菌の力で作り出す   一部の細菌が嫌気的に,つまり酸素なしに呼吸できることは100年以上前から知られていたが,有用な物質を作るのにこの特性を利用する研究が始まったのは比較的近年のことだ。 … 続きを読む

カテゴリ 2021年1月号, SCOPE & ADVANCE

The Origin of Us / 人類の起源を求めて 様変わりした進化史

In 1859, 14 years after the founding of this magazine, Charles Darwin published the most important scientific book ever written. On the Origin of Species revolutionized society’s understand … 続きを読む

カテゴリ 2021年1月号, 英語で読む日経サイエンス

別冊242 人間らしさの起源 社会性,知性,技術の進化史

まえがき 人類学の新たな展開  篠田謙一   PART 1 人類進化を考える アナム猿人の顔  K. ウォン ホモ・ナレディ「ネオ」の姿  K. ウォン 誰が作ったのか? 最古の石器発見で揺らぐ定説  K. ウ … 続きを読む

カテゴリ 別冊・本

皮膚に描き込むセンサー〜日経サイエンス2021年1月号より

安価なウエアラブル健康モニターをペンとインクで皮膚にお絵描き   数枚の型紙と3本のペンというと,子供のお絵描き用具に思える。だが,最近の研究者はそうした道具を使って,人間の皮膚に実用的な健康センサーを直接描き … 続きを読む

カテゴリ 2021年1月号, SCOPE & ADVANCE

The Information Manipulators / 革新をもたらしたテクノロジー 予想外の要件

It is a truism among scientists that our enterprise benefits humanity because of the technological breakthroughs that follow in discovery’s wake. And it is a truism among historians that the relatio … 続きを読む

カテゴリ 2021年1月号, 英語で読む日経サイエンス

波に乗る寄生虫〜日経サイエンス2021年1月号より

大型ハリケーンが海水をかき混ぜて寄生虫の個体群に影響   2017年,ある研究チームがバージン諸島とプエルトリコの間に広がるターコイズブルーの海でそのシーズンのフィールド調査を終えた直後,大型ハリケーンが相次い … 続きを読む

カテゴリ 2021年1月号, SCOPE & ADVANCE