What’s New

きょうの日経サイエンス

2019年ノーベル化学賞:リチウムイオン電池の開発で吉野彰氏ら3氏に

2019年のノーベル化学賞は,繰り返し充電できるリチウムイオン電池を開発し,モバイル時代を開いた旭化成の吉野彰名誉フェロー,米テキサス大学のグッドイナフ(John B. Goodenough)教授,米ニューヨーク州立大学 … 続きを読む

カテゴリ きょうの日経サイエンス

投稿日 2019年10月10日

2019年ノーベル物理学賞:私たちの宇宙観に大転換をもたらした米欧の3氏に

 2019年のノーベル物理学賞は私たちの宇宙観に大きな転換をもたらした宇宙分野の研究者に授与される。現在のビッグバン宇宙論の基礎を1960年代半ばに築いた米プリンストン大学のピーブルス(James Peebles)名誉教 … 続きを読む

カテゴリ きょうの日経サイエンス

投稿日 2019年10月8日

2019年ノーベル生理学・医学賞:細胞の低酸素応答の仕組みの解明で米英の3氏に

酸素はほとんどすべての動物の生命維持に不可欠だ。2019年のノーベル生理学・医学賞は,細胞が周囲の酸素レベルを感知し,それに応答する仕組みを解明した米ジョンズ・ホプキンズ大学のセメンザ(Gregg L. Semenza) … 続きを読む

カテゴリ きょうの日経サイエンス

ヒ素を食べるシダ〜日経サイエンス2019年11月号より

この植物の遺伝子を利用すればヒ素を含む土壌や水を浄化できるかも   世界で数百万人がヒ素に汚染された地下水や土壌に苦しめられている。この物質が飲み水や作物に入り込むと,皮膚病変やがんなどの病気を引き起こす場合が … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, News Scan

The Intention Machine / 意図を汲んで動くマシン

I get goose bumps every time I see it. A paralyzed volunteer sits in a wheelchair while controlling a computer or robotic limb just with his or her thoughts—a demonstration of a brain-machine interf … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 英語で読む日経サイエンス

足跡プールが育む小動物〜日経サイエンス2019年11月号より

カエルはゾウの足跡のなかで次世代へ命をつないでいる   爬虫両生類学者のプラット(Steven Platt)は,2016年の乾期にミャンマー(旧ビルマ)で行った調査で雨期には冠水していたネヤイン湿地を踏査してい … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, News Scan

渡り鳥,ごちそうさま〜日経サイエンス2019年11月号より

サメにとって陸の小鳥は便利な軽食になることもある   ミシシッピ州立大学沿岸研究エクステンションセンターの漁業生物学者ドライモン(James Drymon)はイタチザメが吐き出したもののなかに羽を見つけ,最初は … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, News Scan

ひび割れで描いた絵画〜日経サイエンス2019年11月号より

プラスチック表面の微細な亀裂がカラー作品を描き出す   人は何千年も前から,色素に基づく絵具やインク,染料を使って美術作品を作ってきた。ところが最近,京都大学の研究チームが表面の微細な形の違いから色が生じる小さ … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, News Scan

モグラ国芸能団と白の騎士のコラボ

 モグラ国芸能団の団長が鏡の国の白の騎士のところに相談に来た。以前に紹介したように(2017年12月号),モグラ国芸能団は地面の上に顔を出したり引っ込めたりを瞬時にやる芸を使ったショーを売りにしている。しかし,いつもまっ … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, パズルの国のアリス

膨大な分析と柔軟な発想 オートファジーに迫る:野田 展生

生命活動に不可欠なタンパク質の構造解析の専門家 細胞の重要現象,オートファジーの解明で成果を上げた 膨大な分析と柔軟な発想で構造生物学に革命をもたらそうとしている    微生物化学研究所(微化研,東京都品川区) … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 記事

氷が消える海

北極海では気温が上がると海氷が減り,海氷が減るとさらに気温が上がるフィードバック機構により,海氷減少と気温の急上昇が続いている。今後,地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出を一切やめたとしても,海氷減少は止まらず,今世紀 … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 記事

北極海争奪戦

北極海の海底について沿岸各国が権利を主張している。先行したのはノルウェーで,北極海海底の3区画に関するデータを2006年に大陸棚限界委員会(CLCS)に提出した。同委員会はこうした権利請求が科学的に適切かどうかを審査する … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 記事

にらみ合いの行方

今年3月,米国のB-52戦略爆撃機などが加わるNATO(北大西洋条約機構)合同軍事演習が行われていたノルウェー海上空の同じ空域に,ロシアの戦略爆撃機2機が侵入した。驚いたノルウェー軍は急遽,F-16でこれを追跡した。2機 … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 記事

特集:北極融解

北極圏は劇的に変化しつつある。北極海では海氷減少と気温,海水温の急上昇が続いている。今後も海氷減少は止まらず,早ければ2030年代後半には夏場の北極海から海氷がほとんどなくなる可能性がある。陸域では永久凍土の融解が進んで … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 記事

第3の腕を手に入れる

女性が両手で白い箱を持って,何かの作業をしている。そこへ左からプラスチックボトルが差し出された。すると黒いシャツを着たロボットの腕がすっと手を上げ,ボトルをつかんだ──。京都府にある国際電気通信基礎技術研究所(ATR)主 … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 記事