What’s New

SNSがしょうもない情報であふれるメカニズム

人間は誰もみな認知バイアスを抱えている。信頼している仲間からの情報を採用し,リスクに関する情報に注意を払い,自分の考え方に合致する証拠を偏重する。だが,現代の技術とオンライン情報の洪水はこのバイアスを有害な形で増幅してい … 続きを読む

カテゴリ 2021年8月号, 記事

サミットでの席順(解答)

 これは情報処理用語でいえば,ソーティング(日本語では「整列」「並び替え」「分類」などと呼ばれることが多い)の問題だ。  隣どうしの交換を自由に繰り返すことで,どんな並び替えもできることはほとんど明らかであろう。実際,ソ … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, パズルの国のアリスー解答

アイスクリームが教えてくれる

第1章 コロナを乗り切るこころの健康学 生きづらさを力に変える方法 意識して自分らしさを取り戻す リアルな交流が大事 ── 話をして気持ちを軽く できることを知り不安を軽く ── 誇張や矛盾する情報に注意 こころから距離 … 続きを読む

カテゴリ 別冊・本

The Pandemic We Forgot / 忘れられたパンデミック スペイン風邪の集合的記憶

In 1924 Encyclopædia Britannica published a two-volume ­history of the 20th century up to that point. More than 80 authors—professors and politicians, soldiers and scientists—contributed chapter … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 英語で読む日経サイエンス

拒絶反応を血液検査で検知〜日経サイエンス2021年7月号より

心臓移植患者の血中に放出されたドナー由来のDNAを追跡する  心臓移植は手術を受けるだけでも大変だが,数カ月後に免疫系が移植臓器を攻撃し始める場合があり,そうなると致命的だ。医師は拒絶反応の兆候である炎症をチェックするた … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, SCOPE & ADVANCE

別冊245 天文遺産 宇宙を拓いた日本の天文学者たち

まえがき 天文遺産への思い 渡部潤一(国立天文台) 第1章 明治の星空を観測 レプソルド子午儀と子午儀室(上) レプソルド子午儀と子午儀室(下) 20cmトロートン望遠鏡 日本で最初に星空を撮影した ブラッシャー天体写真 … 続きを読む

カテゴリ 別冊・本

この血痕の主は誰だ?〜日経サイエンス2021年7月号より

人間の血か動物のものかを分光法と機械学習で素早く判定  眠気と戦いながら車を運転していて暗い道でドンという大きな音を聞き,後でバンパーに小さな血痕を見つける。あるいは警察が犯罪現場で,ごく小さいが疑わしい血痕を発見する。 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, SCOPE & ADVANCE

The Curious Science of Chondrules / 惑星の種 コンドリュール

The toaster-sized capsule hit our atmosphere at 12 kilometers per second, enduring temperatures of 3,000 degrees Celsius during its fiery descent before deploying a parachute to slow its velocity. It … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 英語で読む日経サイエンス

泥火山のメカニズム〜日経サイエンス2021年7月号より

ロクバタンという山が例外的に活発である理由   溶岩を吐き出すものだけが火山ではない。なかには泥を噴出する火山がある。それも大量に。泥火山(でいかざん)と呼ばれるタイプだ。大半はたまに小さな泥の塊を噴き上げるだ … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, SCOPE & ADVANCE

タイタンの深い海〜日経サイエンス2021年7月号より

土星最大の衛星の最大の海は高層ビルを呑み込む深さがあるようだ   土星の衛星タイタンは太陽系では地球以外で唯一,液体をたたえた湖や海が表面に存在することが知られている場所だ。それらの特徴は科学者の強い関心の的と … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, SCOPE & ADVANCE

妊娠中の運動が子の肥満を防ぐ〜日経サイエンス2021年7月号より

運動がお腹の子どもに与える影響の 分子メカニズムが見えてきた  肥満や糖尿病の女性から生まれた子は将来,母と同じ悩みを抱える可能性が高いことが,多くの疫学調査から示されている。肥満や糖尿病の改善には運動が効果的だが,妊娠 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, SCOPE & ADVANCE

海軍観象台・帝国大学東京天文台跡 日本経緯度原点(上)

 東京の麻布飯倉,ロシア大使館の横を入った突き当たりに開けた緑地があり,石造りの台が置かれている。約150年前の明治時代初め,ここに日本初の近代的な天文台が海軍によって建設され,後には帝国大学に移管されて東京天文台となっ … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事

サミットでの席順(問題)

 不思議の国の周辺には鏡の国を含め奇妙な国が複数ある。それらの国々の相互関係は,地球の国々と異なり,これといった国境紛争や民族対立などもなく平和で友好的であるのだが,普段はあまり交流のない国どうしも少なくない。そこで,経 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, パズルの国のアリス

「接ぎ木」のスペシャリスト食料問題の解決目指す:野田口理孝

同じ科に属する植物同士でないと不可能と考えられてきた「接ぎ木」 別の科の植物ともくっつく “接ぎ木の万能植物”を見つけ,常識を覆した 新品種の開発などを通じて食料問題の解決に貢献しようとしている  植物は動物のような脳神 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事

はやぶさ2計画 リュウグウのサンプルから原始太陽系に迫る

探査機「はやぶさ2」計画の最終段階となる小惑星「リュウグウ」のサンプルの初期分析が2021年6月から本格的に始まる。サンプル総量は5.4gで,これは最低必要量の50倍超になる。分析には14カ国109大学・研究機関の269 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事