SCOPE & ADVANCE

反物質入りの分子〜日経サイエンス2008年1月号より

水素原子は1個の陽子の周りを1個の電子が回っている。電子とその反粒子である陽電子が組みになると,これに似た短命の原子ができることが,数十年前から知られてきた。「ポジトロニウム」と呼ばれるものだ。カリフォルニア大学リバーサ … 続きを読む

カテゴリ 2008年1月号, SCOPE & ADVANCE

暗黒物質が示すはっきりしない謎〜日経サイエンス2008年1月号より

銀河団のなかの暗黒物質の分布に奇妙な傾向が見つかった事実なら,重力の理論を考え直す必要が出てくるが……   目には決して見えない暗黒物質(ダークマター)が,なおも宇宙論研究者を困らせ続けている。遠方の銀河団内部 … 続きを読む

カテゴリ 2008年1月号, SCOPE & ADVANCE

ビデオで体外離脱〜日経サイエンス2008年1月号より

ビデオカメラを使って超現実的な体外離脱感を生み出すことができる。被験者に座ってもらい,その背中を撮影するように2台のカメラをセットした。特殊なヘッドセットを使って,被験者の左目に左側のカメラからの映像を,右目に右側のカメ … 続きを読む

カテゴリ 2008年1月号, SCOPE & ADVANCE

陸地が沈まずにすんでいる理由〜日経サイエンス2008年1月号より

大陸を海面よりも高く保っているのは地熱の力だ   コロラドのロッキー山脈やカリフォルニアのシエラネバダ山脈を見る限り,地形を説明するのは簡単に思える。これらは地下のプレートどうしが激しくぶつかり合って陸が盛り上 … 続きを読む

カテゴリ 2008年1月号, SCOPE & ADVANCE

親星の巨大化を生き延びた惑星〜日経サイエンス2008年1月号より

親星が赤色巨星となって巨大化した時代を生き抜いてきたらしい惑星が見つかった。ペガサス座V391は準矮星に分類される星で,数分ごとに明るさが変動する。その変動のタイミングが周期的に変わることをもとに,木星の3.2倍以上の質 … 続きを読む

カテゴリ 2008年1月号, SCOPE & ADVANCE

究極の省エネ型モーター〜日経サイエンス2008年1月号より

アルミ製の回転子を銅に変えて効率アップ   エネルギー効率を示すパーセンテージが数ポイント向上してもめったに注目されることはないが,年間消費電力量が世界で数千億キロワット時にもなる装置についての改善となれば,あ … 続きを読む

カテゴリ 2008年1月号, SCOPE & ADVANCE

話したことを目で聞いて〜2008年1月号臨時増刊 こころのサイエンス03号

唇の動きを読むだけで声が聞こえる?    聞き慣れた人の声なら,その人が言っている内容も聞き取りやすい。さらに,音声を伴わない唇の動きを見慣れるだけでも同じ効果があることが,最近の研究で示された。   … 続きを読む

カテゴリ 2008年1月号臨時増刊, SCOPE & ADVANCE

文化の隠れた影響力〜2008年1月号臨時増刊 こころのサイエンス03号より

私たちの脳が世の中を認識する仕方は,自分が生活している社会に影響を受ける    文化は私たちの歌やダンス,書き記す言葉に影響を及ぼす。そして,私たちの脳も形作る。    神経の可塑性のおかげで,個々の … 続きを読む

カテゴリ 2008年1月号臨時増刊, SCOPE & ADVANCE

お行儀よくしなさい!〜2008年1月号臨時増刊 こころのサイエンス03号

衝動を抑えられる子は学校の成績が良い    子どもの学業成績を左右するのは知能だと,ほとんどの人は考えている。ところが,ペンシルベニア州立大学のチームによる最近の研究から,自己制御の能力(課題に集中して衝動的な … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号臨時増刊, SCOPE & ADVANCE

アミロイド病に同じ治療法?〜2008年1月号臨時増刊 こころのサイエンス03号より

共通のタンパク質分子サブ構造が見つかった    アルツハイマー病,パーキンソン病,ハンチントン病,クロイツフェルト・ヤコブ病,さらには2型糖尿病──共通の特徴をご存じだろうか?これらの病気の患者は体内に「アミロ … 続きを読む

カテゴリ 2008年1月号臨時増刊, SCOPE & ADVANCE

命を燃やすと若死にするぜ!〜日経サイエンス2007年12月号より

 「命を燃やそうぜ(live fast)」というのがロックンローラーの決まり文句。その生き急ぎの“スピード”がどのくらいか,科学調査が定量化を試みた。 歴代人気アルバム・トップ1000を選んだ2000年のファン投票に基づ … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, SCOPE & ADVANCE

リスの熱いしっぽ〜日経サイエンス2007年12月号より

 子リスを狙ってヘビが近づいてきたとき,親リスはふさふさした尾の温度を上げて,赤外線に敏感なヘビを追い払うことができる。毒ヘビに対抗することで知られるカリフォルニアジリスの成体にガラガラヘビが近づいたときの様子を赤外線ビ … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, SCOPE & ADVANCE

2007年のノーベル賞決まる〜日経サイエンス2007年12月号より

ノックアウトマウス,巨大磁気抵抗,固体表面の化学反応現代のハイテクを支える基礎科学成果の受賞に誰もが納得だ     【生理学・医学賞】  ユタ大学のカペッキ(Mario R. Capecchi,70) … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, SCOPE & ADVANCE

清潔なら長生きとは限らず〜日経サイエンス2007年12月号より

 病原性のない細菌も宿主のエネルギーを吸い取って死期を早める──と,これまでは考えられてきた。だが新しい研究結果によると,きれいさっぱり細菌を洗い流されたハエは,細菌うじゃうじゃのハエと比べて長生きするわけではない。 & … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, SCOPE & ADVANCE

ビッグバン以前の宇宙を探して 〜日経サイエンス2007年12月号より

新たな理論モデルが登場,観測を通じて検証できるかも    ビッグバンは時間を含むすべての始まりだから,それ以前について考えるのは意味がないとされることが多い。だが最近,宇宙にビッグバン以前の時代があったとする理 … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, SCOPE & ADVANCE