News Scan

エイリアン的生物を探せ〜日経サイエンス2007年12月号より

地球外生命の探索では,私たちの常識を超えた生物も視野に入れるべきだ──米航空宇宙局(NASA)に対して,科学者たちがそんな提言を行った。米国学術研究会議(NRC)の委員会によると,NASAが探索しようとしている地球外生命 … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, News Scan

液体ズームレンズ〜日経サイエンス2007年12月号より

レンズを動かさない超小型ズームのアイデアが登場    カメラマニアの間で人気のズームレンズも,携帯電話や小型デジタルカメラには大きすぎる。そこで,セントラルフロリダ大学の光学教授であるウー(Shin-Tson … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, News Scan

深海から胃腸へ〜日経サイエンス2007年11月号より

 病原菌が温かな人体のなかで生き続けられるのはなぜか。どうやら,微生物が深海の高温熱水噴出孔で生き永らえるよう進化したことと関係がありそうだ。    海洋研究開発機構(JAMSTEC)の科学者たちは深海バクテリ … 続きを読む

カテゴリ 2007年11月号, News Scan

抑揚のある言語と遺伝子の関係〜日経サイエンス2007年11月号より

「ニーハオ」それとも「ボンジュール」,あなたはどちらが話しやすいか…それが遺伝子によって変わってくる?      人間が遺伝学的に多様であるのと同様,言語もさまざまで,世界で6800種類以上の言葉が話 … 続きを読む

カテゴリ 2007年11月号, News Scan

アルツハイマー病を防ぐプリオン〜日経サイエンス2007年11月号より

  異常型プリオンタンパク質はBSE(牛海綿状脳症)や類似の脳の病気の原因だが,正常なプリオンの役割はよくわかっていない。ヒトの場合,正常なプリオンタンパク質がアルツハイマー病から私たちを守ってくれている可能性がある。 … 続きを読む

カテゴリ 2007年11月号, News Scan

未来の健康リスクを知る〜日経サイエンス2007年11月号より

私たちは自分の遺伝子情報を知る“心の準備”ができているのだろうか    自分の未来をのぞいてみたい──誰でも夢見ることだろう。でも,本当に未来が見られるとしたら,あなたは見るだろうか。そして,のぞき見た未来が気 … 続きを読む

カテゴリ 2007年11月号, News Scan

「だいち」がキャッチしたペルー地震の地殻変動〜日経サイエンス2007年11月号より

 日本時間8月16日に起きたペルー大地震。この前後で,震源地付近が隆起した様子を宇宙航空研究開発機構(JAXA)の陸域観測技術衛星「だいち」がとらえた。搭載レーダーで観測した画像を解析した結果,衛星と地面との距離が最大で … 続きを読む

カテゴリ 2007年11月号, News Scan

リバウンド効果に注意〜日経サイエンス2007年11月号より

安くなったら余計にエネルギーを消費,というのでは元も子もない    価格が下がれば消費が増える──というのは経済学のイロハだ。この需要の法則を,エネルギー効率向上と温暖化ガス排出削減を図る対策に当てはめるとどう … 続きを読む

カテゴリ 2007年11月号, News Scan

レーザーの虹をつかめ〜日経サイエンス2007年10月号より

 バーコード読み取り装置やDVDプレーヤーに使われている半導体レーザーは赤や青の光だが,ナノ結晶という半導体微粒子を利用すると,もっとさまざまな色を出せそうだ。 半導体レーザーは電子に高低2つのエネルギー状態の選択肢を与 … 続きを読む

カテゴリ 2007年10月号, News Scan

幹細胞を得る新手法〜日経サイエンス2007年10月号より

 胚性幹細胞(ES細胞)を劇的に入手しやすくできそうな方法が2つ登場した。生化学的手法を使ってマウスの皮膚細胞を再プログラムし,胚細胞とほとんど区別がつかない細胞に戻すことに,3つのチームがそれぞれ独立に成功した。 ある … 続きを読む

カテゴリ 2007年10月号, News Scan

聖徳太子ロボットの未来〜日経サイエンス2007年10月号より

京都大学チームが開発したロボット聴覚システムは,3人の同時発言をきちんと理解する    聖徳太子は7世紀の政治家で,日本最初の憲法を起草した建国の父として名高い。彼は多くの人が同時に語りかけてくるのをきちんと聞 … 続きを読む

カテゴリ 2007年10月号, News Scan

たるんでいないか,バイオ実験室〜日経サイエンス2007年10月号より

 二重の気密ドア,使い捨て実験服,頻繁な汚染除去などの防護策にもかかわらず,米国のバイオ研究施設では感染事故が起こりうる。さらにまずいのは,そうした事故が報告されないことだ。実験中に感染した科学者がその病原体を一般社会に … 続きを読む

カテゴリ 2007年10月号, News Scan

低圧で作れる超硬材料〜日経サイエンス2007年10月号より

 ダイヤモンドは最も硬い物質であり,岩石など他の頑丈な物体を切断するのに理想的だ。だが高価なうえ,鋼鉄など鉄を含む金属を加工すると,反応によって軟らかな鉄炭化物が生じて劣化する。鋼鉄の切断には立方晶窒化ホウ素が最適。ダイ … 続きを読む

カテゴリ 2007年11月号, News Scan

タンパク質水増し事件〜日経サイエンス2007年10月号より

標準的な検査法が欺かれたが,代替法の導入に業界は消極的    米国で今春,数百匹の飼い犬と飼い猫が病気になった。政府当局者が追跡したのはメラミンの出所。メラミンは窒素を多く含む化合物でプラスチックや肥料に見られ … 続きを読む

カテゴリ 2007年10月号, News Scan

肉感をリアルに再現〜日経サイエンス2007年9月号より

 女性の美しいバストをつくるブラジャー。“寄せ上げ効果”を高めるには相応の力が必要だが,きつすぎるとストラップが皮膚に食い込んでしまう。効果が高く,つけ心地にも優れたブラジャーを開発するには,精密なフィッティッングテスト … 続きを読む

カテゴリ 2007年9月号, News Scan