News Scan

手を挙げろ〜日経サイエンス2009年6月号より

経済危機は犯罪増加に本当につながるのか?    昨年暮れの強盗事件はさんざんな1年を象徴するような出来事だった。クリスマス明けの月曜日,わずか6時間のうちにニューヨークの5つの銀行に強盗が押し入った。同市では2 … 続きを読む

カテゴリ 2009年6月号, News Scan

おっと危ない! 〜日経サイエンス2009年6月号より

 1908年のシベリアに「ツングースカ大火球」をもたらしたのと同サイズの小惑星が最近,間一髪で地球をかすめていった。 「2009 DD45」と名づけられたこの天体は,去る3月2日に静止衛星軌道の2倍ほど離れたところを高速 … 続きを読む

カテゴリ 2009年6月号, News Scan

北極海を禁漁に〜日経サイエンス2009年6月号より

 海氷が解けているほか,サケなどの魚が北へ移動し,北極海が漁場として魅力的になっている。同海域における商業漁業の影響を詳しく調べた研究がないため,アラスカ周辺海域を管轄する米国北太平洋漁業管理委員会は2月5日,ベーリング … 続きを読む

カテゴリ 2009年6月号, News Scan

解けたカルシウムの謎〜日経サイエンス2009年6月号より

 海洋性プランクトンが死ぬと,炭酸カルシウムの外骨格が海水に溶けて海水がアルカリ性になるが,過去の研究によると,表層水はプランクトンのこの効果から予測されるよりもアルカリ性が強い。これに対し英エクセター大学の科学者たちは … 続きを読む

カテゴリ 2009年6月号, News Scan

群集の狂気を鎮める方法〜日経サイエンス2009年6月号より

過剰警備は逆効果らしい    学術文献では「football crowd disorder(サッカー群集混乱)」と呼ばれている。フーリガン行為のことだ。国際試合では特にひどい乱闘になる場合がある。最悪だったのは … 続きを読む

カテゴリ 2009年6月号, News Scan

カイコを宇宙食に〜日経サイエンス2009年5月号より

 惑星間旅行となると,宇宙飛行士に食物と酸素を供給するために小さな生態系を宇宙船に積み込む必要があるだろう。過去に候補に挙がった食べ物としてはニワトリと魚のほか,カタツムリやイモリ,ウニの幼生などがあるが,どれも難点があ … 続きを読む

カテゴリ 2009年5月号, News Scan

火星でメタン噴出〜日経サイエンス2009年5月号より

噴出地点が特定され,関心がさらに高まる    火星にメタンが存在することが数年前に発見され,地質活動の結果として生じたのか生物から生じたのか(地球上のメタンは主に生物由来だ)が関心の的になってきた。この問題の決 … 続きを読む

カテゴリ 2009年5月号, News Scan

炭素を挽いてグラフェンに〜日経サイエンス2009年5月号より

期待のナノ材料が量産に向かって一歩前進    シリコンはデジタルの世界を一変させたが,研究者たちは集積回路をより小さく・速く・安くする物質をいまなお躍起になって探している。最も有望なのはグラフェンだ。炭素環が蜂 … 続きを読む

カテゴリ 2009年5月号, News Scan

銀河が先かホールが先か〜日経サイエンス2009年5月号より

 銀河とその中心にある巨大ブラックホールは,まるで互いに相手を作り出したかのように,ぴったりと統一が取れている。まずブラックホールができて銀河の形成を誘導したのか,それとも銀河が先にできてブラックホールを作ったのか,ある … 続きを読む

カテゴリ 2009年5月号, News Scan

高山の希薄な空気〜日経サイエンス2009年5月号より

 エベレストに登る人の血中酸素量は,海抜ゼロメートルの住人が心停止状態になったとき,もしくは死亡したときと同じくらいに低下する。ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジの医師4人がエベレストに登り,自分たちの血液を採取して分 … 続きを読む

カテゴリ 2009年5月号, News Scan

推定不能〜日経サイエンス2009年5月号より

「知の限界」に関する数学的仮説が新たに登場    20世紀の科学から生まれた数々の知識の奥深くでわかったことは,私たちが知りえることに厳然とした限界があることだった。ハイゼンベルク(Werner Heisenb … 続きを読む

カテゴリ 2009年5月号, News Scan

のぞき穴の錯視を解明〜日経サイエンス2009年5月号より

 のぞき穴を通して見ると,物体の動く方向が違って見える場合がある。斜めに傾いた棒が左から右に動いているのを穴からのぞくと,上下方向に動いているように見える。デューク大学のパービス(Dale Purves)らは,その理由を … 続きを読む

カテゴリ 2009年5月号, News Scan

哺乳動物を滅ぼした彗星〜日経サイエンス2009年5月号より

 約1万2900年前,地球規模の異常な寒冷化によってマンモスなど35種の哺乳動物が絶滅した。地域によっては平均気温が15℃も下がったようだ。彗星の衝突かそれに似た爆発現象によって破片が吹き上げられて寒冷化を招いたとする説 … 続きを読む

カテゴリ 2009年5月号, News Scan

サマータイムの効果は?〜日経サイエンス2009年5月号より

本当に省エネになるのか,疑問もあるようだ    世界の人々の約1/4が3月のある日から,日光に浴する時間が長くなる代わりに睡眠時間を削られる。サマータイム(夏時間)だ。照明にかかる電力消費を節減できると考えられ … 続きを読む

カテゴリ 2009年5月号, News Scan

酸性の海で〜日経サイエンス2009年4月号より

二酸化炭素による海水酸性化が予想以上のスピードで進んでいるようだ      大気中の二酸化炭素(CO2)が増えすぎると水が酸性化することは,温暖化に比べるとあまり知られていない。海はもともと自然にCO … 続きを読む

カテゴリ 2009年4月号, News Scan