SCOPE & ADVANCE

スーパーゲルを簡単に製造〜日経サイエンス2022年9月号より

丈夫で導電性もある「イオノゲル」を容易に作り出す新手法 柔軟で弾力性のあるハイドロゲル材料は,ソフトコンタクトレンズからフルーツゼリーまで実に多くの分野に使われているが,構造は共通している。高分子の鎖が絡み合った網目構造 … 続きを読む

カテゴリ 2022年9月号, SCOPE & ADVANCE

外国語は子供のように学べ〜日経サイエンス2022年9月号より

理詰めで考えるのは無益らしい   子供はたいてい大人よりも容易に新たな言語を習得するが,その理由ははっきりしていない。ある仮説は,言語の把握には微妙なパターンを無意識に吸収する必要があり,大人は意識的に推論する … 続きを読む

カテゴリ 2022年9月号, SCOPE & ADVANCE

ビタミン地図〜日経サイエンス2022年9月号より

微量栄養素欠乏のリスクをAIが衛星画像から割り出す   3億4000万人の子供を含め,世界で20億人以上は微量栄養素の摂取が不足している。このビタミンとミネラルの欠乏は,健康に重大な影響をもたらす恐れがある。だ … 続きを読む

カテゴリ 2022年9月号, SCOPE & ADVANCE

空飛ぶカエル〜日経サイエンス2022年9月号より

「パラシュートフロッグ」の滑空が遺伝子解析と実験で明らかに   東アジアのジャングルにはとんでもなく高いジャンプをするカエルがいる。「パラシュートフロッグ」と呼ばれるこの命知らずのカエルは,木のてっぺんからジャ … 続きを読む

カテゴリ 2022年9月号, SCOPE & ADVANCE

“DeSci”は科学を変えるか?〜日経サイエンス2022年9月号より

研究者と投資家が直につながる独立性が売りだが,課題もまだ多い   一部の巨大なIT企業に依存しない“分散型”のインターネットを目指す「Web3」の概念を科学に生かす取り組みが欧米で始まった。暗号資産にも使われる … 続きを読む

カテゴリ 2022年9月号, SCOPE & ADVANCE

伝書鳩の記憶〜日経サイエンス2022年8月号より

学んだルートを数年後でも覚えている   伝書鳩は正確な体内コンパスと地上の目印の記憶を併用して自分の鳩舎への帰り道をたどる。4年前にたどった経路も記憶していることが最近の研究で示された。   人間以外 … 続きを読む

カテゴリ 2022年8月号, SCOPE & ADVANCE

細菌の培養は台所スポンジで〜日経サイエンス2022年8月号より

様々なタイプの細菌にとって理想的なすみかとなりうる   台所の食器洗いスポンジは微生物でいっぱいだ。だが,食べかすに繰り返し触れることだけが原因ではない。スポンジの独特な構造も一役買っている。Nature Ch … 続きを読む

カテゴリ 2022年8月号, SCOPE & ADVANCE

触れる絵文字〜日経サイエンス2022年8月号より

人に触れられる感覚を模擬して感情を伝える新技術が登場   新型コロナウイルス感染症パンデミックのなか,人との物理的・社会的つながりを維持するのが以前よりも難しくなっている。米国西海岸のスタンフォード大学で学ぶ大 … 続きを読む

カテゴリ 2022年8月号, SCOPE & ADVANCE

ETに長距離電話〜日経サイエンス2022年8月号より

新たな符号化メッセージが作成された もし地球外知的生命体と遭遇したとして,重要な最初の問いかけは「お互いどうすればコミュニケーションできるでしょうね?」になるだろう。米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所のチアン(J … 続きを読む

カテゴリ 2022年8月号, SCOPE & ADVANCE

宇宙で最初の「一番星」に迫る〜日経サイエンス2022年8月号より

ビッグバンから数億年後とみられる星や銀河が相次ぎ発見された   宇宙で最初にできた「一番星」はどのような姿だったのか。138億年の歴史をもつ宇宙の謎を解き明かそうと,天文学者たちはその光を追い求めてきた。はるか … 続きを読む

カテゴリ 2022年8月号, SCOPE & ADVANCE

幻の指〜日経サイエンス2022年7月号より

6本目の指を生む異様な錯覚   脳にはその人の体についての地図があり,特定の身体部位の知覚や制御を専門とするニューロンが存在する。だが近年の研究によると,この表象には変更の余地がかなりあるらしい。2016年のあ … 続きを読む

カテゴリ 2022年7月号, SCOPE & ADVANCE

DNAアンテナ〜日経サイエンス2022年7月号より

分子標的薬の創薬を加速しそう   新薬の開発は当たり外れを伴うが,DNAに基づく小さなセンサーによって効率化できる可能性がある。このセンサーは“蛍光ナノアンテナ”として働き,薬剤分子が狙い通りに標的に結合してい … 続きを読む

カテゴリ 2022年7月号, SCOPE & ADVANCE

リチウム金属電池を再生する充電法〜日経サイエンス2022年7月号より

劣化を修復して寿命を延ばすことが可能   電気自動車を1回の充電でできるだけ長く走らせるには,電池に相当な力がなければならない。選択肢のひとつは,リチウムという軽い元素を片方の電極に用いた「リチウム金属電池」だ … 続きを読む

カテゴリ 2022年7月号, SCOPE & ADVANCE

細菌のエピジェネティクス〜日経サイエンス2022年7月号より

真核細胞と同様の遺伝子調節機構が存在,病原菌を抑える新たな手段にも   DNAはひどく絡み合った問題を抱えている。A,T,G,Cの塩基が複雑に配列したこの糸の長さは細胞本体の何千倍にもなるので,細胞に収まるには … 続きを読む

カテゴリ 2022年7月号, SCOPE & ADVANCE

視野の外を見る〜日経サイエンス2022年6月号より

特殊なホログラフィックカメラは障害物に隠れた物体の像を構成できる   新たな撮像技術によって,いずれは医師が人体組織や骨の裏側に隠れた部分をのぞき込み,整備士が飛行機のタービンなど作動中の機械のわずかな不具合を … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, SCOPE & ADVANCE