SCOPE & ADVANCE

“おとり文書”でハッカーを幻惑〜日経サイエンス2021年10月号より

AIで作成した大量の偽文書で価値ある本物を守る戦略   ハッカーは重要な文書を盗むためにサイバー防御をすり抜ける技を絶えず強化している。そこで一部の研究者は,人工知能(AI)アルゴリズムを利用して本物の文書をい … 続きを読む

カテゴリ 2021年10月号, SCOPE & ADVANCE

除虫菊の秘密〜日経サイエンス2021年10月号より

天然の蚊除け剤が働く仕組みが判明   蚊が媒介する病気によって世界で毎年約70万人が死亡しているが,忌避剤(虫除け)を使えば命を救うことができる。人類は何千年も前から,除虫菊を虫除けに使ってきた。除虫菊が防虫効 … 続きを読む

カテゴリ 2021年10月号, SCOPE & ADVANCE

デルタ株の脅威 〜日経サイエンス2021年10月号より

今までの経験が通用しない変異株に,さらなる警戒が必要だ  2021年7月中旬から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第5波の流行が続いている。感染の拡大は過去4回の流行を上回る勢いで進んでおり,全国の新規感染者 … 続きを読む

カテゴリ 2021年10月号, SCOPE & ADVANCE

フラットランドの電子〜日経サイエンス2021年10月号より

3次元の超電導体中で2次元的に振る舞う電子が見つかった   奇妙な物理法則が支配する隠された世界──などというと,SF話のように聞こえる。だが最近,ある実在の超電導材料のなかに隠された平面世界が観察された。米国 … 続きを読む

カテゴリ 2021年10月号, SCOPE & ADVANCE

ウイルスか細菌か?〜日経サイエンス2021年10月号より

感染症の原因を素早く判定する血液検査が登場しそうだ   鼻水,せき,発熱――こうした呼吸器感染症の典型的な症状を示す患者が毎日クリニックにやってくる。だが,その原因が抗生物質で撃退できる細菌なのか,あるいは薬に … 続きを読む

カテゴリ 2021年10月号, SCOPE & ADVANCE

ラット駆除で島の生態系が復活〜日経サイエンス2021年9月号より

海の生物にも好影響   当時「ラット島」として知られていたアラスカのハワダックス島をカリフォルニア大学サンディエゴ校の保全生態学者カール(Carolyn Kurle)が初めて訪れたとき,すぐにその静けさに気づい … 続きを読む

カテゴリ 2021年9月号, SCOPE & ADVANCE

アメーバが教えてくれる創薬〜日経サイエンス2021年9月号より

土壌にすむ粘菌が致死的な肺疾患の治療に一役   肺気腫や慢性気管支炎などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)は米国における死因の上位に位置しているが,いまのところ予防法や治療法はない。ところがアメーバのおかげで,肺細 … 続きを読む

カテゴリ 2021年9月号, SCOPE & ADVANCE

イッカクの記録〜日経サイエンス2021年9月号より

その牙に北極の環境変化が刻まれている   イッカクの牙が環境に関する数十年分の情報を記録し,北極の変化を明確に示していることが,最近のCurrent Biology誌に報告された。らせんを描いて伸びるイッカクの … 続きを読む

カテゴリ 2021年9月号, SCOPE & ADVANCE

塵が積もると〜日経サイエンス2021年9月号より

毎年どれだけの宇宙塵が降っているか?   宇宙の石屑は地球の歴史が始まって以来ずっと降り注いできた。この天空のにわか雨はいまも日々続いている。その最も劇的な例はそこそこの大きさの岩石や金属の塊で,大気圏を突き抜 … 続きを読む

カテゴリ 2021年9月号, SCOPE & ADVANCE

ゲノムで探るデニソワ人の足跡~日経サイエンス2021年9月号SCOPEより

今年に入って,捉えどころの少ないこの人類の謎はさらに深まっている  それは爪より小さな小指の骨だった。その後の数年ですっかり人類進化研究の様子を変えた「張本人」である。  今から11年前の2010年,「シベリアからの異邦 … 続きを読む

カテゴリ 2021年9月号, SCOPE & ADVANCE

1000兆分の1の放射性物質を検出〜日経サイエンス2021年8月号より

暗黒物質粒子の探索など素粒子物理の高精度実験に寄与   1ppb(10億分の1)という濃度は10トンのポテトチップスにひとつまみの塩を加えた程度だが,科学者たちはいまや,その数百万分の1の濃度の放射性粒子を見つ … 続きを読む

カテゴリ 2021年8月号, SCOPE & ADVANCE

キノコから作る布地〜日経サイエンス2021年8月号より

美術館に残っていたある工芸品はキノコの菌糸体でできていた   バイオファブリケーション企業は菌類を使ってプラスチックや革の代わりになる丈夫で持続可能な製品を作る試みにますます力を入れている。だが最近,アメリカ先 … 続きを読む

カテゴリ 2021年8月号, SCOPE & ADVANCE

骨オルガノイドが登場〜日経サイエンス2021年8月号より

実際の骨形成を反映した初のモデル    医学研究において,実験室で育てたオルガノイド(臓器の構造と機能を模した小さな細胞組織)の有用性はますます高まっている。脳や肺などの臓器については何年も前からそうした小型モ … 続きを読む

カテゴリ 2021年8月号, SCOPE & ADVANCE

VRゲームの脳トレ効果〜日経サイエンス2021年8月号より

高齢者の記憶が部分的に向上   加齢に伴う記憶力の鈍化を防ぐ方法が長年探し求められているが,なかなか難しい。だがScientific Reports誌に先ごろ発表された研究は,高齢者が具体的な事実や出来事を思い … 続きを読む

カテゴリ 2021年8月号, SCOPE & ADVANCE

空気の湿度変化で発電する〜日経サイエンス2021年8月号より

塩化リチウムを使った「湿度変動電池」の試作に成功   梅雨時の天気はうっとうしい。たまに太陽が顔を出してもすぐ雨だ。しかしこんな天気の変化からエネルギーが取り出せると聞けば,少し気分が晴れるかもしれない。 &n … 続きを読む

カテゴリ 2021年8月号, SCOPE & ADVANCE