カテゴリ : 2008年5月号

細胞活動を磁力で制御〜日経サイエンス2008年5月号より

 細胞は自らの表面にあるさまざまな受容体タンパク質を利用して,周囲の環境を察知している。受容体が特定の分子を捕まえると一連の生化学的現象が次々と起こり,ホルモン分泌や病原体の破壊など,細胞の行動につながる。だが,受容体の … 続きを読む

カテゴリ 2008年5月号, SCOPE & ADVANCE

寝る子はスリムに育つ〜日経サイエンス2008年5月号より

 近年,睡眠不足が肥満のリスクを高めるという研究結果が数多く出ている。ジョンズ・ホプキンズ大学の研究者たちは小児肥満の研究の一環として,子どもの睡眠持続時間と体重を調べた11件の研究をメタ解析した。この結果,睡眠時間が不 … 続きを読む

カテゴリ 2008年5月号, SCOPE & ADVANCE

日経サイエンス 2008年5月号

  物理学特集:革命前夜の物理学   史上最強の加速器 LHC稼働へ  G. P. コリンズ   「その時」を待つCERN  中島林彦/協力:近藤敬比古   ヒッグスだけじゃない  … 続きを読む

カテゴリ 2008年5月号, 雑誌