カテゴリ : 2021年7月号

特集:ヒトバイローム

 人間の体は“自分の”細胞でできていて,ときどき微生物に侵入される。私たちはそんなふうに思いがちだが,実のところ人体は,細胞,細菌,菌類,そしてウイルスが同居する1つの生物集団だ。その最大多数を占めるウイルスは,かつては … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事

未知の素粒子が存在か?

今年4月,米イリノイ州にある米国立フェルミ加速器研究所は,ミュー粒子の磁気的な性質の大きさが,現在の素粒子物理学の基本である標準モデルの予測からずれていることを観測したと発表した。 標準モデルは宇宙を形作る素粒子や力を驚 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事

脳と心のはざまの病気 機能性神経症状症

かつて「ヒステリー」や「転換性障害」などと呼ばれた疾患は原因がはっきりしない謎の病気とされた。近年は精神科と脳神経内科の間に位置する複雑な疾患として「機能性神経症状症」の名称でとらえ直されている。過去10年ほどで脳画像に … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事

COVID-19 国内で広がる変異株

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行は,全国各地ですでにB.1.1.7(通称:英国型)と呼ぶタイプの変異株が主流になったとみられている。国内の感染状況のデータをもとに変異株の性質がどう変化しているかを評価し … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事

エメラルドゴキブリバチは三度毒針を刺す

エメラルドゴキブリバチはワモンゴキブリに卵を産みつけて孵化してくる我が子の食料源にする「捕食寄生者」だ。ゴキブリを2回刺して神経系を操ることが知られていたが,著者はその詳細を観察するとともに,3回目の毒液注入を発見した。 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事

トポロジーで解けた量子ホール効果の謎

 量子化は通常,ミクロな量子世界で見られるが,量子ホール効果は導体の表面に流れる電流が量子化されるマクロな現象だ。この量子化を説明することは物理学の未解決問題とされてきたが,最近,数理物理学者らがトポロジー(形の性質を研 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事

日経サイエンス 2021年7月号

惑星科学 特集:太陽系誕生の謎を探る 隕石に含まれる球状粒子は太陽系誕生当時の状況を反映している。はやぶさ2が持ち帰った小惑星の小石が解明の糸口となりそうだ。 惑星の種 コンドリュール  J. オカラガン はやぶさ2計画 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 雑誌

ロックの危機 気候変動がエレキギターを脅かす

世界有数のエレキギターには湿地に生える「スワンプアッシュ」という木が使われている。米国中部のミシシッピ川下流域が産地だが,気候変動に伴う洪水でこの木が枯死する例が増え,有力メーカーがこの木材の利用を断念した。外来昆虫によ … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事

忘れられたパンデミック スペイン風邪の集合的記憶

世界で数千万人の命を奪った1918~1919年のインフルエンザ(スペイン風邪)は終息後まもなく人々の話題から消え失せた。社会の「集合的記憶」として残りにくい側面があったためだと考えられる。昨年来の新型コロナウイルス感染症 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事