カテゴリ : 2014年4月号

デジタルより紙がわかりやすい理由

 iPadやキンドルなどの電子書籍リーダーを使う人が増えている。読書体験はどう変わっていくのか? 過去20年間の研究によると,画面で読むよりも紙のほうが理解しやすく記憶に残る場合が多い。画面だと全文における現在位置を直覚 … 続きを読む

カテゴリ 2014年4月号, 記事

レンズの下の生命

 「一粒の砂に世界を見,一輪の野の花に天をみる」とうたった英国の詩人ウイリアム・ブレイク。現代におけるその科学的バージョンが,最先端の光学顕微鏡がとらえた生物の驚きの画像だ。2013年の「オリンパス・バイオスケープ国際デ … 続きを読む

カテゴリ 2014年4月号, 記事

失明治療で見えてきたこと

 網膜に映っているのは,様々な色や明るさをした雑多なパターンだ。これがどのようにして意味のあるまとまりとして統合され,例えばコーヒーカップや人の顔として認識されるのか? 神経科学でも最も難しい疑問の1つだ。脳は見ることを … 続きを読む

カテゴリ 2014年4月号, 記事

湿地修復に妙案

 湿地には環境を浄化したり,水害を防いだりといった重要な機能があるが,米国はじめ世界各地でその急速な消失が続いている。湿地を再生する様々なプロジェクトが進められてきたが,その多くが失敗に終わり,資金が無駄に使われてきた。 … 続きを読む

カテゴリ 2014年4月号, 記事

ビッグデータをどう生かすか

  社会のメカニズムを分析するとき,社会学や経済学ではこれまで,社会を構成する個々人ではなく,「市場」や「階級」など集団としての振る舞いや法則に注目 してきた。無理もないだろう。何万,何十万という人の行動をすべて調べ上げ … 続きを読む

カテゴリ 2014年4月号, 記事

動き出す自閉症治療

 他者とのコミュニケーション能力に欠けるなどの特徴がある自閉症。子どもが自閉症と診断される親は,米国で毎年何千人にものぼっている。自閉症のメカニ ズムは未だ不明で,完治させる手段は見つかっていないものの,長期的な効果が見 … 続きを読む

カテゴリ 2014年4月号, 記事

日経サイエンス 2014年4月号

物理学 特集:標準モデルのほころび   陽子のサイズが何かおかしい  J. C. ベルナウアー/R. ポール   ミュー粒子に表れた矛盾  中島林彦 協力:齊藤直人/森俊則   リサ・ランド … 続きを読む

カテゴリ 2014年4月号, 雑誌