カテゴリ : 2014年1月号

オンライン教育への期待と限界

 大学の講義をウェブを通じて原則無料で聴講できるムーク(大規模公開オンライン講座)はハーバードやMITなど米国の一流大学が実施しているほか,日本でも2014年から東京大学などが参加して配信が始まる予定だ。僻地にいる恵まれ … 続きを読む

カテゴリ 2014年1月号, 記事

特集:ムーク 台頭するウェブ大学

 学生は授業でノートを取り,家に帰って宿題をする。先生は講義をし,ときどきテストをする。学生は評点をもらい,次の課題へ進む──そうした昔ながらの教育が,様々なIT技術によって大きく変わりつつある。「MOOC(ムーク)」と … 続きを読む

カテゴリ 2014年1月号, 記事

光子は未来を知っている

 量子力学は気まぐれだ。全く同じ粒子を用意し,まったく同じ装置で同じように測定しても,結果は様々にばらつく。どの結果が出てくるかを予想することはできない。だが実は「個々の粒子は,未来において自身にどのような測定がなされる … 続きを読む

カテゴリ 2014年1月号, 記事

量子テレポーテーションと時間の矢

 先週は持っていたが,今は捨ててしまって手元にない装置。そんな装置を使って,ここにある光子を操作することが可能だろうか? そんなことはできるはずがない,と思うかもしれない。だが量子テレポーテーションを使えば実現できる。 … 続きを読む

カテゴリ 2014年1月号, 記事

「光子の裁判」再び 波乃光子は本当に無罪か?

 「私は二つの窓の両方を同時に通りました」。被告・波乃光子の供述は真か偽か。法廷で現場を再現する実地検証が始まった──ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎は1949年,一般読者に向けて「光子の裁判」を著し,量子力学のダブ … 続きを読む

カテゴリ 2014年1月号, 記事

特集:量子世界の弱値

 かつてアインシュタインはこう言った。「私が見ていなくても,月はそこにあるはずだ」。アインシュタインの願いも空しく,月が「そこに」あると言うためには,月を見る者を必要とする。量子力学によれば,月の位置などの物理量は,測定 … 続きを読む

カテゴリ 2014年1月号, 記事

日経サイエンス 2014年1月号

物理学 特集:量子世界の弱値   「光子の裁判」再び  波乃光子は本当に無罪か  細谷曉夫   量子テレポーテーションと時間の矢  井元信之   光子は未来を知っている  語り:Y. アハラ … 続きを読む

カテゴリ 2014年1月号, 雑誌