カテゴリ : 2013年1月号

創造性を育む文化

 優秀な科学者を育てるには何が必要か,ナース(Paul Nurse)は身をもって知っている。階級意識の強い英国にあって祖父母(雑役夫と料理人だった)に育てられたナースは,DNAと細胞分裂の研究で先駆的な業績を上げ,200 … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

報酬格差が生む力

 米国はほぼすべての指標で世界の科学をリードしている。この成功は大学の研究に資金を投じてきたことによる面が大きい。優れた研究成果に高給で報いることで,優秀な人材を引き寄せ,維持できている。    同じ職位におけ … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

中国は伸び続けるか?

 急速な経済成長を遂げている中国は科学研究の面でも急成長しており,短期間のうちに世界の有力国となった。だが,この急成長はほとんどが一部のトップ研究機関による。そうしたエリート大学と大多数の機関の間には,大きなギャップがあ … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

ドイツのハイテク連携

 近年のドイツ経済がしっかりしているのは,基礎素材から工業機械まで幅広い分野の製造業が成功しているのが一因だ。アジアなど労働力コストの安い地域に対して競争力を保っているのは,新技術の利用による。    フラウン … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

科学のグローバリゼーション

 グローバル化によって科学研究は巨大な国際的営みとなった。研究活動の指標を見れば,科学力の爆発的増大と国際共同研究に向かう強い潮流は明らかだ。2カ国以上の研究者が共同執筆した科学論文は1996年に全体の約25%だったが, … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

世界の科学力

 科学に関して国の優劣を決める要因は何だろう? 1つの指標は論文発表件数で,このページの中央に並んでいるトップ25カ国は主にデジタル・サイエンス社(ネイチャー・パブリッシング・グループの関連会社)のデータに基づいている。 … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

竜脚類 1億5000万年の栄華

  かつて恐竜界の2大スターといえばティラノサウルスとブロントサウルスだった(トリケラトプスを推す人もいるかもしれないが)。ブロントサウルスは今ではアパトサウルスと呼ばれ,竜脚類というグループの典型的な姿をしている。巨大 … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

快楽の神経回路

 快感は生きる上で必須の感覚だ。快感があるからこそ,食べ物やセックス,社会的交流などに関心を持ち,それを維持しようとし続ける。最近の研究で,私たちの脳内には刺激されると快感が高まる領域,いわば快感の回路が存在することがわ … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

余剰次元を探る

 2012年7月,スイス・ジュネーブ近郊の欧州合同原子核研究機構(CERN)にある世界最強の加速器LHCを用いた実験で,万物に質量を与えるヒッグス粒子が発見された。より厳密に言えば,今のところは「ヒッグス粒子とみられる新 … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

クォークの中の素粒子

 「7月革命」と呼ばれるようになったヒッグス粒子の発見。万物に質量を与えるとされるヒッグスは,素粒子論の枠組み「標準モデル」の中で,存在が予言されながら未発見だった唯一の素粒子だった。今回の発見で標準モデルが完全に検証さ … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

特集:ヒッグスの先へ

 万物に質量を与えるヒッグス粒子の存在がほぼ確実になり,これによって素粒子論の枠組み「標準モデル」の正しさは完全に検証された。しかし標準モデルでは説明できない事柄があるため,研究者の関心は標準モデルを超えた新理論の探索に … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 記事

日経サイエンス 2013年1月号

特別付録 2013カレンダー「パズルの国のアリス」   物理学 特集:ヒッグスの先へ   クォークの中の素粒子  D. リンカーン   余剰次元を探る  中島林彦/協力:村田次郎   … 続きを読む

カテゴリ 2013年1月号, 雑誌