カテゴリ : 記事

120歳時代 健康寿命を延ばす道

これまでで最も長生きした人は,とあるフランスの女性で,1997年に122歳で亡くなった。現在最高齢の男性はイスラエルに住む112歳。こうした百寿者は普通の人よりも老化が実際に遅いようだ。極端なカロリー制限が細胞の寿命に影 … 続きを読む

カテゴリ 2017年1月号, 記事

特集:人新世を考える(後編)

人類が地球環境や生態系,気候に大きな影響を与えるようになった現在,地球は新たな地質時代「人新世(アントロポセン)」に突入したといえそうだ。人類は地球をどのように変え,それが私たち自身をどう変え,人新世の未来はどうなってい … 続きを読む

カテゴリ 2017年1月号, 記事

しなやかな2足歩行ロボット

 日本は2足歩行ロボットの開発に力を注ぎ,ホンダのASIMO(アシモ)などが登場しているが,海外でも米国防高等研究計画局(DARPA)などが音頭を取り国際的に研究を加速させている。ロボットは災害対応など多くの用途で階段や … 続きを読む

カテゴリ 2017年1月号, 記事

ぴったりの薬を選ぶゲノム薬理検査

医薬品のなかには,患者の体質によって深刻な副作用を生じるものがある。当人の遺伝子が影響するためで,多くの患者が潜在的な危険にさらされている。これに対し,遺伝子が医薬品の作用にどう影響するかを研究する「ゲノム薬理学」の進展 … 続きを読む

カテゴリ 2017年1月号, 記事

逃げなかった水──ブームの先の未来へ

 現在,人工知能(AI)は第3次ブームだと言われている。  一般にAIと称されるものは,それが技術的に実現されたら,AIと呼ばれなくなるという現象がある。これをAI効果と呼ぶが,私は昔これを「AIは永遠の逃げ水」と表現し … 続きを読む

カテゴリ 別冊日経サイエンス, 記事

日本で最初に星空を撮影したブラッシャー天体写真儀

ブラッシャー天体写真儀は名前の通り,焦点に写真乾板を取り付けて天体の写真を撮る専用の望遠鏡だ。口径は20cm。1つの天体に視野に入れて撮影するのではなく,天球のかなり広い範囲の“星空”を撮影する。日本最古の天体写真儀で, … 続きを読む

カテゴリ 2016年12月号, 記事

2016年総目次を公開しました。

日経サイエンス2016年総目次を公開しました。 12月号の目次ページからPDFファイルをダウンロードしてご利用下さい。    

カテゴリ きょうの日経サイエンス, 記事

投稿日 2016年10月25日

2016年ノーベル物理学賞と化学賞

2016年のノーベル物理学賞は「物質のトポロジカル相とトポロジカル相転移の理論的発見」によってサウレス(David J. Thouless),ホールデン(F. Duncan M. Haldane,),コステリッツ(J. … 続きを読む

カテゴリ 2016年12月号, 記事

顕微鏡下に見えた驚異の世界

「酵母は飢餓に陥ると自分自身のタンパク質の分解を始める。その現象を光学顕微鏡で捉えることができたという驚きが研究の出発点になった」。ノーベル生理学・医学賞受賞が決まった10月3日夜,大隅良典東京工業大学栄誉教授は同大学で … 続きを読む

カテゴリ 2016年12月号, 記事

細胞内の“ゴミ捨て場”に隠されていたリサイクル機構

「首尾一貫した人だな」。2016年のノーベル生理学・医学賞の受賞者に大隅良典・東京工業大学栄誉教授が決まり,会見を聞いてそう感じた。対象となった業績は,細胞内で起きるタンパク質を分解する現象「オートファジー(自食作用)」 … 続きを読む

カテゴリ 2016年12月号, 記事

「オートファジー」解明でノーベル生理学・医学賞! 大隅良典博士

 ノーベル生理学・医学賞は「オートファジーのメカニズムの発見」で大隅良典博士に贈られる。同賞は最大3人の受賞枠があるが今回は単独受賞だ。オートファジーは細胞内で起きている物質のリサイクル機構。1980年代後半から酵母を使 … 続きを読む

カテゴリ 2016年12月号, 記事

別冊215 はじめに

 アインシュタイン(Albert Einstein)の予言から1世紀を経て,重力波が直接観測された。重力波は時空の歪みが波の形で光速で伝わる現象だ。その存在は1970年代,中性子星という超高密度のコンパクト天体2つからな … 続きを読む

カテゴリ 記事

遺伝子改変人類が誕生?

 ゲノムDNAを改変する新しい技術の登場で,標的遺伝子を容易に操作できるようになった。CRISPR/Cas9に代表されるゲノム編集技術は農作物や医薬だけでなく,ヒトの遺伝子改変にも有効だ。遺伝子疾患のほか,最近では男性不 … 続きを読む

カテゴリ 2016年12月号, 記事

人類を追い詰める格差社会

ここ数十年,多くの国で貧富の差が拡大してきた。所得の差すなわち社会悪ではないが,少数の人々が政治や経済のルールを自分たちが有利になるように変えると,技術革新と経済成長が阻害される。消費・貧困・福祉に関する分析でノーベル経 … 続きを読む

カテゴリ 2016年12月号, 記事

新人口爆発と超高齢化

 世界の人口増加は鈍化しつつも続いており,2050年の世界人口は97億人に達しそうだ。だが,重要なのは総数よりも国別・地域別の動向だ。日本を含め一部の富裕国は高齢化と人口減が進む一方,発展途上国では人口がさらに増えて総じ … 続きを読む

カテゴリ 2016年12月号, 記事