カテゴリ : 記事

定家が見た赤いオーロラ 古文書が語る太陽の激動

歌人,藤原定家が残した日記,『明月記』などから京都や名古屋などの夜空が赤く染まったことが過去に何度もあったことがわかってきた。その正体はオーロラ。日本など中緯度域にオーロラをもたらす巨大な磁気嵐は現代文明にとって大きな脅 … 続きを読む

カテゴリ 2019年3月号, 記事

出生と一族の秘密

太陽はずっと独りぼっちだったわけではなかった。その周辺にはかつて多くの兄弟星が存在した。それらの惑星が太陽系に取り込まれた可能性さえある。太陽とその惑星には,人間に例えれば母にあたる星があった。短い生涯を終えた後に太陽系 … 続きを読む

カテゴリ 2019年3月号, 記事

特集 太陽

太陽はずっと独りぼっちだったわけではない。その周辺にはかつて多くの兄弟星が存在していた。太陽は兄弟星から惑星を奪い取っていた可能性もある。最新の研究から明らかになった太陽の半生は,意外にも波瀾万丈だったようだ。また,藤原 … 続きを読む

カテゴリ 2019年3月号, 記事

特集:5年後の世界を変える10の科学技術

科学技術は近未来の私たちの暮らしをどのように変えるだろうか? SCIENTIFIC AMERICAN編集部が世界経済フォーラムの専門家グループと協力して選定した影響力の大きな10件のイノベーションを紹介する。人工知能(A … 続きを読む

カテゴリ 2019年3月号, 記事

周期表の未踏領域 「安定の島」を目指して

日本チームが合成した113番元素が「ニホニウム」と正式に命名されたのは記憶に新しい。これまでに合成されたのは118番元素のオガネソンまでで,これら超重元素はほんの一瞬で崩壊してしまう。しかし理論によると,陽子と中性子の数 … 続きを読む

カテゴリ 2019年3月号, 記事

聴こえてきた遺伝子治療の足音 耳の難病に挑む

 最近,複数の疾患に対する遺伝子治療が承認された。難聴の遺伝子治療の研究も進んでいる。難聴というと一般には老化やけがによる例を連想するが,最も多く見られる先天性疾患の1つで,遺伝子の欠陥が原因であることが多い。研究者は難 … 続きを読む

カテゴリ 2019年3月号, 記事

微生物の意外な協力関係

 協力し合う微生物の存在は何十年も前から知られていたものの,微生物は資源をめぐって互いに競い合っているというのが長年にわたって一般的な考え方だった。だが,微生物に関して新たに得られた大量のデータから,微生物種の多くが実際 … 続きを読む

カテゴリ 2019年3月号, 記事

聖なる森と生きる インドのエコシステムピープル

インドでは古代から原始林の一部を地元民が神々の住みかとして保護してきた。そうした「聖なる森」は植民地時代の資源採取によって荒廃したが,まだ多数が残っており,新設される例もある。地域社会に生態学的利益をもたらすことが再評価 … 続きを読む

カテゴリ 2019年3月号, 記事

都市洪水を防ぐ 中国「海綿城市」

 コンクリートで覆われた都市に集中豪雨があると,水は逃げ場を失って地表にあふれる。都市の一部に土と緑のエリアを設けて雨水が地中に吸収されやすくし,都市洪水を防ぐ「海綿城市(スポンジシティ)」計画が,中国各地で進んでいる。 … 続きを読む

カテゴリ 2019年3月号, 記事

光学顕微鏡のマジシャン タンパク質挙動を可視化:西坂 崇之

生物の体を構成するタンパク質を解明できれば生命の謎に迫れる 改良した光学顕微鏡でタンパク質の動きを可視化した成果には 世界的権威の学者から企業までが注目している   回転するべん毛や伸縮する筋肉など細菌や動物は … 続きを読む

カテゴリ 2019年2月号, 記事

大地震直前に観測された電離層の変化

1回の地震で何万人もの死者が出る場合がある。このため科学者たちは,事前に警報を出せるだけの確度で地震を予報しようと努めてきた。近年の観測で,地震発生の30分以上前に,電離層内に電子密度の高い部分が生じる場合があることが示 … 続きを読む

カテゴリ 2019年2月号, 記事

大気中ラドンが示す地下の異変

東日本大震災や阪神・淡路大震災をもたらした大地震では,その1カ月以上前から周辺地域で大気中のラドン濃度が異常な変動を示していた。そうした変動は地下に微細な割れ目が多数生じるなど,大地震に先行して起こる地殻変動が原因と考え … 続きを読む

カテゴリ 2019年2月号, 記事

北海道胆振東部・大阪北部地震が示すシナリオ

それほど遠くない将来,西日本沖合の南海トラフ付近と,北海道沖合の千島海溝付近で巨大地震が発生する可能性が高い。 一方,西日本の内陸では2018年の4月に島根県西部地震,6月に大阪北部地震,北海道では9月に胆振東部地震が起 … 続きを読む

カテゴリ 2019年2月号, 記事

特集:超巨大地震に至る地下の変動

2018年は4月に島根県西部地震が起き,6月に大阪北部地震,9月には北海道胆振東部地震と,被害をもたらす内陸地震が相次いだ。西日本沖の南海トラフと北海道沖の千島海溝では,東日本大震災を引き起こした日本海溝での超巨大地震と … 続きを読む

カテゴリ 2019年2月号, 記事

アインシュタインの夢 ついえる

「アインシュタインと散歩していたとき,彼は不意に足を止め,私のほうを向いて『君は,君が見上げているときだけ月が存在していると本当に信じるのか?』と尋ねた」 ──物理学者A. パイス   2015年,欧米の3つの … 続きを読む

カテゴリ 2019年2月号, 記事