カテゴリ : 記事

ムダだった米半導体産業への政府補助金

 1980年代の日本の輸出攻勢に手を焼いた米国は,さまざまな手段を講じてその競争力に対抗しようとした。半導体産業の場合,日本に外国製品の購入割合を義務づけた日米半導体協定と,1987年に発足した企業連合体「セマテック」が … 続きを読む

カテゴリ 1996年8月号, 記事

国際宇宙ステーションのゆくえ

 国際宇宙ステーションは270億ドル(約3兆円)もする軌道実験室であり,現在,アラバマ州ハンツビルのボーイング社の工場やモスクワのクルニチェフをはじめ,世界各地の工場でその姿を着々と整えつつある。もちろん日本も参加する。 … 続きを読む

カテゴリ 1996年8月号, 記事

植物からとった新抗ガン薬タキソール

 タキソールの歴史は古い。イチイの樹皮から取れるこの化合物は,紀元前に書かれたシーザーの『ガリア戦記』に毒薬として登場する。また,米国の北西部では,先住民が消毒薬や皮膚ガンの治療薬として利用してきたという。   … 続きを読む

カテゴリ 1996年8月号, 記事

遺伝する知的能力と教育環境

 肉体的な形質と同じように,知的能力や性格などといった心的形質も多かれ少なかれ遺伝の影響を受けている。そして,肉体的形質と同じように,環境の影響ももちろん受けている。注目する心的形質に対して,遺伝と環境の両方の影響がどれ … 続きを読む

カテゴリ 1996年8月号, 記事

ネバダの核廃棄物処分場は安全か

 米政府はネバダ州南部にあるユッカマウンテンの地下に,原子力発電や核兵器製造の際に出てくる高レベル放射性廃棄物を処分しようとしている。実現すれば,世界で初めての核廃棄物の永久処分場になる。しかし,この計画は地元のネバダ州 … 続きを読む

カテゴリ 1996年8月号, 記事

セントローレンス川のシロイルカの悲劇

 セントローレンス川に生息するシロイルカの受難は,まず肉や脂肪を目当てにした狩猟から始まった。白人がアメリカ大陸に来てからはもちろんだが,8500年前ごろの遊牧民の遺跡からも,シロイルカの骨が見つかっている。19世紀には … 続きを読む

カテゴリ 1996年7月号, 記事

よみがえった古代ギリシャの漕法

 古代ギリシャの軍船で使われていた漕ぎ手のクッションは,謎に包まれた存在である。このクッションは漕ぎ手が体にくくり着けて,船の腰掛け用に使っていたらしいが,当時の他の国にもそのようなものはまったく残されていない。なぜギリ … 続きを読む

カテゴリ 1996年7月号, 記事

どんな人が幸福と感じているか

 不幸や怒り,不安などといったネガティブな感情に比べると,幸福に関する研究はあまり多くない。社会学者たちが幸福を研究対象にしはじめたのは最近のことである。いったい,どんな人が自分は幸福だと感じているのだろうか。幸福な人に … 続きを読む

カテゴリ 1996年7月号, 記事

迷走するハンフォードの核廃棄物処理

 米ワシントン州の南東部にあるハンフォードはプルトニウム製造施設の集合体であり,第二次世界大戦で長崎に投下された原子爆弾の原料となったプルトニウムを作ったことで知られている。冷戦の終結を受けて1989年にエネルギー省(D … 続きを読む

カテゴリ 1996年7月号, 記事

太陽系の概念を変えるカイパーベルト

 オランダの天文学者カイパーは1950年,太陽系のはずれ,つまり海王星と冥王星の軌道の外側に平たい小天体の巣があるというアイデアを提案した。このカイパーベルト仮説は長い間顧みられなかったが,80年代になると,地球の軌道面 … 続きを読む

カテゴリ 1996年7月号, 記事

インターネットの弱点とその解決法

 インターネットでは,うまく相手のサーバーにつながらなかったり,突然回線が切られてしまうという経験をする。こうした事態はなぜたびたび起こるのだろうか。直接の原因は,回線容量を上回る通信需要が殺到していることである。しかし … 続きを読む

カテゴリ 1996年7月号, 記事

準結晶はどこまで解明されたか

 5回対称性をもつ準結晶の発見は,今世紀後半の固体物理学で最も衝撃的な事件であった。現代の物質観で“あってはならないもの”だったからである。150年以上にわたって培われてきた結晶物質の基本テーゼは「周期性」であった。つま … 続きを読む

カテゴリ 1996年7月号, 記事

分子疫学で発ガンのリスクを知る

 「分子疫学」という研究分野は,一般にはまだ馴染みの薄いものである。しかし,ガンの予防に対する新しいアプローチに興味をもつ研究者にはとっては,将来有望な分野として期待が集まっている。    従来の疫学は,患者の … 続きを読む

カテゴリ 1996年7月号, 記事

琥珀に閉じ込められた虫たち

 『ジュラシック・パーク』ですっかり有名になった虫入り琥珀。けれども,あのお話の中では,標本の貯蔵庫としての琥珀のすばらしさに関しては,まだまだ説明不足だったように思います。  琥珀の中の虫たちが現代の私たちに教えてくれ … 続きを読む

カテゴリ 1996年6月号, 記事

地域生態系を脅かす帰化生物

 その30数億年にわたる歴史において,地球上の生命は5回の大量絶滅を経験した。そして今,第6回が進行中である。人間活動に起因する今回の大量絶滅は,時間当たりに絶滅する種の多さという点で,過去の5回とは桁が違う。  こう言 … 続きを読む

カテゴリ 1996年6月号, 記事