カテゴリ : 記事

よみがえるホログラム・メモリー

 書籍の表紙やパンフレットなどで,立体感を持った鮮やかな 絵やマークを目にすることがよくある。この画像はホログラ ムとしてよく知られており,対象物に信号光と参照光という2種類のレーザー光を干渉させて立体画像を平面的に記録 … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

氷河期の急激な気候変動

 ヨーロッパの気候は暖かい。北大西洋でアマゾン川100本分の流量 を誇る巨大な海流が北上し,大量の熱を運んでいるからである。この海流の表層は高緯度で盛んに蒸発し,塩分が高まって重くなり,海中深く沈み込む。こうしてできる深 … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

脳の免疫系を担うミクログリア

 血液中にある白血球は,体を病気から守る免疫系の代表的な細胞 である。しかし,脳には白血球が入らないようになっている。脳に侵入できるのは,病気やけがなどで血管が損傷したときだけで ある。白血球の代わりに脳内で免疫防御を担 … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

お手玉の科学

 日本では,お手玉は子供の遊びか,さもなければ大道芸・曲芸の 出し物としか見なされない。しかし,マサチューセッツ工科大学 (MIT)にお手玉(juggling)クラブを設立した著者らによるこの論文は,欧米ではお手玉が大人 … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

フォトリソグラフィーのゆくえ

 いまから9年前の1986年12月号の本誌に掲載された論文で,当時 IBM社の科学担当副社長だったチャウダリー(Praveen Chaudhari)博士は,大筋で次のようなことを述べている。    「回路パター … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

利己的遺伝子と生物の体

 ダーウィンは生物個体の見地から進化や自然選択を考察したが, ドーキンスは個体ではなく,彼の言う「遺伝子の目から見た」視点で考察している。ドーキンスの主張によると,生物の中の遺伝子は「利己的」で,彼らの宿主(ドーキンスは … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

危機に瀕する漁業資源

 1950年代から60年代にかけて世界の漁業技術は飛躍的に発展した。 レーダーの開発は濃霧での操船を可能にし,ソナーによって魚群を簡単に見つけ出すことができるようになった。また,効率のよい漁 獲機能を備えた“海上の工場” … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

あとがき

 この動物記は、学者が書いた専門書ではありません。ただ、鳥や動物が好きなだけの一青年が南米に渡り、自由気ままに彼らと付き合い、自分の主観をもとに 書き下ろした記録です。私は様々な形で生きものたちと接してきました。鳥ひとつ … 続きを読む

カテゴリ 記事

あとがき

  「今までも野山を歩くのは好きだったの。でも何かを知った後に野山を歩くと、見え方が違ってくるの」  こんなことを僕に言ってくれた生徒がいた。僕は埼玉県にある自由の森学園中・高等学校で理科の教員をしている。あだ … 続きを読む

カテゴリ 記事

カリマンタンの動物たち

 最初の原稿を書いたのは、カリマンタンにやって来て満三年、多少ともカリマンタン全体が把握できるまでになった頃であった。その後、最後の原稿まで五年間が経っている。本著はいわばボルネオ島での八年間の私史である。動物の研究だけ … 続きを読む

カテゴリ 記事

はじめに

 研究成果を第三者に伝えるためにはいくつかの方法があるが,なかでも言葉によるコミュニケーションは最も重要な手段である。しかし,言葉に置き換えるのが難しい情報も多く,そうした場合,とくにビジュアル情報伝達が決定的な役割を果 … 続きを読む

カテゴリ 記事