カテゴリ : 記事

機械は意識を持ちうるか

人工知能(AI)の技術が大きく進展し,人間と同レベルの知能を備えた機械の実現が近づいてきた。だが,現在よりも格段に高度なAIが実現したとして,それらが意識を持つかどうかは,依然としてわからないだろう。脳を最も精巧にシミュ … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 記事

神経回路網はどのように知性を生み出すのか

脳から意識がどのように生まれるのか? この疑問から生まれた新たな学問分野「ネットワーク神経科学」では,読み書きや計算,簡単な動作といった行動を可能にしている脳領域間の結合を,グラフ理論という数学の手法を使ってモデル化する … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 記事

特集:脳のコネクトーム

脳という“物質”から知性や意識がどのように生まれるのか? 個別のニューロンや脳領域の活動をかなり詳しく調べられるようになった現在も,大きな謎だ。この謎の解明に挑むべく,「ネットワーク神経科学」という新たな学問分野が生まれ … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 記事

ウイルスをシャットアウトするゲノム改造細菌

米ハーバード大学の研究チームが,地球上のどんなウイルスにも攻略されない生物を作りつつある。細菌のDNAを再コードし,ウイルスによる乗っ取りを可能にしている遺伝経路をすべて取り除く試みだ。再コードされた細胞は以前と変わらず … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 記事

X線宇宙望遠鏡チャンドラが明かした宇宙の姿

1999年に打ち上げられ,超大質量ブラックホールや超新星爆発残骸など,様々な天体について大きな発見を成し遂げてきたチャンドラX線宇宙望遠鏡。運用20周年を機に,その豊かな成果を美しい画像とともに紹介する。

カテゴリ 2020年3月号, 記事

「統計的に有意」を問い直す

実験結果の統計的有意性を判断するのに長らく「p値」が使われてきた。p値0.05をひとつの目安とする方法だ。しかし皮肉なことに,この閾値が過度に重視され,いくつかの科学分野で実体のない確実性が一人歩きする事態となっている。

カテゴリ 2020年3月号, 記事

鳴き鳥の多様化の秘密

鳥類のなかでも鳴く鳥(鳴禽)は最も多様なグループで,その種数は哺乳動物の種数に匹敵する。近年の研究で,鳴禽類が他の鳥にはない染色体を1本余分に持っていることがわかった。これが多様化の原動力になった可能性がある。 再録:別 … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 記事

幼児教育で伸ばすべき力

 小学校の入学前に受けた教育が,その後の学業や人生がうまくいくかどうかを左右するという驚くべき報告が相次いでいる。自分で考え,対話する力を養う新たな幼児教育プログラムが開発され,一定の成果を上げ始めている。   … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 記事

臨時緯度観測所本館と眼視天頂儀(下)

岩手県奥州市水沢にはZホール(文化会館)とZアリーナ(総合体育館)という愛称の公共施設がある。コミュニティバスの愛称はZバス,青少年が対象の宇宙少年団の支部名は水沢Z分団だ。Zを校章にあしらった小学校と工業高校もある。Z … 続きを読む

カテゴリ 2020年2月号, 記事

小型着陸機を月面の狙った場所へ確実に送る:坂井真一郎

宇宙航空研究開発機構が開発中の小型月着陸実証機SLIMの計画を率いる 豊富なアイデアで高度なミッションの達成を狙う 2021年度の打ち上げを目指し,開発は佳境に入っている   宇宙航空研究開発機構(JAXA)が … 続きを読む

カテゴリ 2020年2月号, 記事

グーグルが作った量子コンピューター

2019年10月23日,グーグルと米航空宇宙局エイムズ研究所,国立オークリッジ研究所,カリフォルニア大学サンタバーバラ校などのグループが,量子コンピューターで従来のコンピューターにはできない計算を実行し,「量子超越」を実 … 続きを読む

カテゴリ 2020年2月号, 記事

化学計算・機械学習 量子コンピューターの2つの挑戦

グーグルが量子コンピューターで世界最速のスパコンにもできない計算を実行し,「量子超越 」を達成したと発表した。「地球上にあるどのコンピューターよりも量子コンピューターのほうが圧倒的に速い」というタスクが,少なくとも1つは … 続きを読む

カテゴリ 2020年2月号, 記事

特集:量子超越

2019年10月,グーグルが,超電導素子を使った量子コンピューターで,世界最速のスパコン「サミット」を超える計算を実行したと発表した。たった53個の量子素子で,数万のGPUと10ペタバイトのメモリーを持つスパコンにできな … 続きを読む

カテゴリ 2020年2月号, 記事

特集:エマージングテクノロジー 10の科学技術が世界を変える

SCIENTIFIC AMERICANが世界経済フォーラムの専門家グループと協力して選定した10件のイノベーションを紹介する。例えばコラボラティブ・テレプレゼンスという技術は,あなたを離れた場所へ仮想的にテレポートして, … 続きを読む

カテゴリ 2020年2月号, 記事

重力波望遠鏡KAGRA始動

岐阜県の神岡鉱山の地下で建設が進んでいた重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)の準備が整い,間もなく運用が始まる。米欧の既存3基に加えた4基体制になることで,重力波の発生源となった天体の特定などが大きく前進するだろう。この種の … 続きを読む

カテゴリ 2020年2月号, 記事