カテゴリ : 記事

京都帝国大学花山天文台(下)

京都大学の前身となる京都帝国大学が昭和初期に創設した花山(かざん)天文台は太平洋戦争を挟む約20年に及ぶ困難な時代を経て,第3代台長に就任した宮本正太郎のもと,太陽と月・惑星の本格的な研究をスタートさせた。研究グループは … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 最新号の紹介, 記事

量子センサーで日本をけん引 世界で活躍する人材育成を夢に:波多野睦子

ダイヤモンドを計測に,日立・デンソーと連携 潜在力秘めた革新技術の実用化に使命 超高齢化社会見据え,量子技術の裾野広げる 世界の主要な国々が量子科学技術分野の研究開発に力を入れる。文部科学省も2018年に「光・量子飛躍フ … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 最新号の紹介, 記事

なぜそこに何のために描かれたのか

ナスカの地上絵はエジプトのピラミッドなどと並ぶ古代文明の謎だ。抜けるような青空の下,太陽が照りつけ,乾いた風が吹き,草木も生えない真っ平らで広大な地面に描かれた50m超のサイズの鳥や魚,虫などの巨大な地上絵は,上空から眺 … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 最新号の紹介, 記事

浮かび上がる古代アンデスの世界

世界遺産,南米ペルーの「ナスカの地上絵」が新たに168点,去る12月に発表された。動物などを描いた具象的な地上絵は約400点が確認されているが,今回分を含めてこのうちの約9割,358点を見つけ出したのが,ペルー政府の許可 … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 最新号の紹介, 記事

特集:ナスカの地上絵 新発見!

南米ペルーの荒涼としたナスカ台地に描かれた動物などの巨大な線画は「ナスカの地上絵」として知られ世界遺産になっている。サイズは50m超もあり,上空から飛行機で眺めなければ視野に収まらない。ところが近年,山形大学ナスカ研究所 … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 最新号の紹介, 記事

女たちが動かした経済

考古学の研究者たちはこれまで,主に男性の活動に注目し,女性は視野の外に置いてきた。バイアスが生じた理由は2つある。1つは,保存状態の良い手工品は石や金属などの無機物で作られており,その多くが狩猟など固定観念的に男性のもの … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 最新号の紹介, 記事

『ヴィンランド・サガ』の歴史学  ヴァイキングの知られざる顔

角のついた兜を被り,手斧を握って,帆走する海賊船でヨーロッパ各地の街や教会を荒らし回る北欧出身の蛮族集団。わたしたち日本人にとってのヴァイキングのイメージは,このようなものではないだろうか。確かに,日本でも親しまれたルー … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 記事

特集:新たなヴァイキング像

近年の歴史学と考古学の進展によって,創作世界に登場するヴァイキング像が変化している。船で乗りつけて略奪する「北欧の蛮族」のイメージは,間違いではないが一面にすぎない。ヴァイキングは中央アジアから北米大陸まで広範囲に定住し … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 最新号の紹介, 記事

夜の闇を守れ 生態系を惑わす都市の光

過剰あるいは不要な照明がもたらす公害である「光害」。ある研究によると,北米では人口の80%が,日本では人口の70%が,夜空が明るすぎて天の川を見ることができない地域に住んでいる。また別の研究よると,光に照らされた地表の面 … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 最新号の紹介, 記事

「人に乗った馬」を描けないAI なんでもできそうなAIの現実

一般人の目には,人工知能(AI)の分野が長足の進歩を遂げているように見えるに違いない。一部の大げさな報道や発表資料によれば,オープンAIの「DALL-E2」はあらゆる文章をもとに目を奪うような画像を生成できるようだ。また … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 最新号の紹介, 記事

子育て支援の神経科学

子ども時代の最初の数年間はチャンスに満ちている。子どもの脳が体験を最も柔軟に受け入れ,可塑性に富んでいるのが,この最初の重要な時期だ。脳の成長の85%は生まれてから3歳までの間に起こる。この時期には毎秒100万個の神経接 … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 最新号の紹介, 記事

核融合点火施設 もうひとつの目的

米国立ローレンス・リバモア研究所の国立点火施設(NIF)はレーザー核融合の実験施設だ。先ごろ,照射量を上回るエネルギーを発生させ,大きく報じられた。だが,純粋な科学研究とは別の任務もある。米国が保有している核兵器の信頼性 … 続きを読む

カテゴリ 2023年3月号, 最新号の紹介, 記事

充填してみる

すっかり寒くなった。間瀬真知香(ませ・まちか)が熱いルイボスティーで喉を潤していると,高1の何戸家夏太(なんとか・なつた)と姉の奈留沙(なるさ)が弾けるような笑い声を上げながら入ってきた。 「おはようございます!」 「お … 続きを読む

カテゴリ 2023年2月号, 記事

次世代太陽電池の普及へ 技術基盤の整備に注力:村上 拓郎

日本で発明されたペロブスカイト太陽電池 課題の耐久性向上へ新材料開発に取り組む 専用設備を整え実用化へ研究を加速させる ペロブスカイト太陽電池は脱炭素社会実現のカギを握るキーテクノロジーだ。現在の太陽電池が抱えるコストや … 続きを読む

カテゴリ 2023年2月号, 記事

京都帝国大学花山天文台(中)

京都の町並みを一望する東山三十六峰の1つ,清水山(きよみずやま)のすぐ隣の花山山(かざんやま)に,京都大学の前身である京都帝国大学が昭和4年(1929年)に創設した花山天文台がある。当時の主要な建物と望遠鏡は現存し,研究 … 続きを読む

カテゴリ 2023年2月号, 最新号の紹介, 記事