カテゴリ : 1996年6月号

日経サイエンス 1996年6月号

生命がいる惑星を探す宇宙干渉計  J. R. P. エンジェル/N. J. ウルフ ただの“お話”ではなく,かなり具体的な内容です。宇宙干渉計とは何ぞや?なぜ,これで探せば見つかるのか?そもそも,生命のいる惑星とはどんな … 続きを読む

カテゴリ 1996年6月号, 雑誌

琥珀に閉じ込められた虫たち

 『ジュラシック・パーク』ですっかり有名になった虫入り琥珀。けれども,あのお話の中では,標本の貯蔵庫としての琥珀のすばらしさに関しては,まだまだ説明不足だったように思います。  琥珀の中の虫たちが現代の私たちに教えてくれ … 続きを読む

カテゴリ 1996年6月号, 記事

地域生態系を脅かす帰化生物

 その30数億年にわたる歴史において,地球上の生命は5回の大量絶滅を経験した。そして今,第6回が進行中である。人間活動に起因する今回の大量絶滅は,時間当たりに絶滅する種の多さという点で,過去の5回とは桁が違う。  こう言 … 続きを読む

カテゴリ 1996年6月号, 記事

生命がいる惑星を探す宇宙干渉計

 地球以外に生命体は存在するのだろうか。きっといるはずだ。ならば,どのようにすれば探し出せるだろう。こんな思いから,これまでさまざまな試みがなされてきた。月や火星については実際にサンプルまで採ってきたが,現在はもちろん, … 続きを読む

カテゴリ 1996年6月号, 記事

真核細胞はどのように生まれたか

 原核細胞(prokaryote)と真核細胞(eukaryote)という名は,「DNAを包む膜をもっているかどうか」という1つの特徴にこだわった名称である。前者は核膜をもたず,後者は核膜をもっている。しかし,原核細胞と真 … 続きを読む

カテゴリ 1996年6月号, 記事

交通渋滞はなくせるか

日本が先進国の中で最も交通渋滞に悩まされている国のひとつである。渋滞の解消は交通対策の重要課題であるのに,道路の混雑状況は年を追って悪化の傾向をたどっている。しかし,最近になって最新の情報処理と通信技術を使った渋滞対策が … 続きを読む

カテゴリ 1996年6月号, 記事

カリブ海のマングローブ湿地

 海水中や潮間帯のような塩辛くて土壌の酸素の乏しい環境は,植物には耐えがたいものである。ところが,マングローブ湿地の植物は,このような場所で生きるための特性を備えている。これらの植物は,細胞に塩分を取り込まない,あるいは … 続きを読む

カテゴリ 1996年6月号, 記事

ブレークスルーを待つナノテクノロジー

 ナノテクノロジーは,大きさが100nm(0.1μm)程度までのミクロな物質や構造を作り出す技術である。学問分野としては,従来の合成化学から原子1個1個を極微小のプローブで操作する技術までカバーしている。ミスター・ナノテ … 続きを読む

カテゴリ 1996年6月号, 記事

進化するバーチャルスペース

 計算力が豊富で記憶容量が膨大なコンピューターは確かに便利な道具だが,キーボードかマウスでしか入力できないのはいかにも不便だ。人手でわざわざ入力するのではなく,自分からデータを求めて処理し,人間に仕えてくれる有能な“秘書 … 続きを読む

カテゴリ 1996年6月号, 記事