カテゴリ : 2011年6月号

東日本大震災 鳴らされていた警鐘

 2011年3月11日,三陸沖でマグニチュード9.0の超巨大地震が発生した。死者・行方不明者は約3万人,6万戸以上の建物が失われ,地震から1カ月が過ぎても避難者は10万人を大きく上回る。津波に洗われた福島第1原子力発電所 … 続きを読む

カテゴリ 2011年6月号, 記事

細菌の遺伝子交換,ずっと頻繁~日経サイエンス2011年6月号より

「水平伝播」という現象が進化を促している    細菌と古細菌(原核生物と総称される)は至るところで生きていて,胃酸から深海の熱水噴出孔まで多様な環境中で分裂・増殖している。これほど多くのさまざまな場所で生きてい … 続きを読む

カテゴリ 2011年6月号, News Scan

25年目の新しい墓~日経サイエンス2011年6月号より

チェルノブイリ原発事故から四半世紀「石棺」に代わる新シェルターが建設される    頂上が自由の女神像(高さ93m)よりも高いアーチを想像してほしい。そして,その巨大なカマボコ状の構造物が地上をサッカー競技場3つ … 続きを読む

カテゴリ 2011年6月号, News Scan

スペードのエースの忘れ物(問題)

トランプ城の大手門前で毎日行われる兵士たちのパレードは,いつもはハートの兵士たちの役割である。ところが,ハートの7が病気になり,スペードの兵士たちが急に代役を務めることになった。かなり大勢の見物人があるので,慣れないスペ … 続きを読む

カテゴリ 2011年6月号, パズルの国のアリス

日経サイエンス 2011年6月号

  特集:マグニチュード9.0の衝撃   地震学 東日本大震災 鳴らされていた警鐘  中島林彦   古地震 国史が語る千年前の大地動乱  中島林彦   原発事故 科学者の思考停止が … 続きを読む

カテゴリ 2011年6月号, 雑誌

スペードのエースの忘れ物(解答)

6月号の問題:スペードのエースの忘れ物   解答例:まず,2010年4月号に示した解答例で 説明した考え方のポイントを思い出していただこう。つまり,兵士同士が鉢合わせしたとき,互いに向きを変えようと,すれ違おう … 続きを読む

カテゴリ 2011年6月号, パズルの国のアリスー解答

許容できる原発リスクとは~日経サイエンス2011年6月号より

「受動的安全性」という新設計に注目    米国でほぼ30年ぶりとなる新設原子力発電所がジョージア州オーガスタ郊外に姿を現し始めた。大手電力会社サザンカンパニーの施設で,基礎工事のために赤粘土の表層をくりぬいて岩 … 続きを読む

カテゴリ 2011年6月号, News Scan

研究の復旧これから~日経サイエンス2011年6月号より

東日本大震災は研究にも大きな爪痕を残し,復旧に向けた取り組みが続く    3月11日に起きた東日本大地震で,東北地方と関東地方にある研究機関や大学は大きな被害を受けた。研究施設の中には,再稼働に数カ月以上を要す … 続きを読む

カテゴリ 2011年6月号, News Scan