カテゴリ : 2003年4月号

最古の人類に迫る 700万年前の化石の謎

 この2,3年間に,人類とアフリカ類人猿の祖先との間に残る空白を大昔にさかのぼって橋渡しできるような,3つの素晴らしい発見が続いた。    パリにある国立自然史博物館の古生物学者ピックフォード(Martin P … 続きを読む

カテゴリ 2003年4月号, 記事

戦争を変えるGPS兵器の全貌

 2001年11月のある寒い夜,第389遠征戦闘飛行隊指揮官の空軍中佐ローヘッド(Tom Lawhead)はF-16戦闘爆撃機のコックピットから下を見つめていた。地上ではアフガニスタンの反タリバン兵1000人と米軍特殊部 … 続きを読む

カテゴリ 2003年4月号, 記事

ヘルシーな食事の新しい常識

 1992年,米農務省(USDA)は望ましい食品のとり方を示すフードガイドピラミッドを発表した。健康を維持し,慢性疾患のリスクを減らすため,このピラミッドに従って食品を選べるようにすることが目的だった。     … 続きを読む

カテゴリ 2003年4月号, 記事

光で病巣をたたく

 光を当てると激しい毒性を示す化学物質ポルフィリンを使って,ガンや動脈硬化症を治療する「光力学療法」が注目されている。この治療法は1970年代に誕生したが,近年,とくに失明の原因となる加齢性黄斑変性症の進行を止める方法と … 続きを読む

カテゴリ 2003年4月号, 記事

ナノマシンで実現する超高密度メモリー

 IBMはナノテクノロジーを駆使して機械式の高密度メモリーを開発した。2005年にも切手大のメモリーカードとして実用化する。将来は既存の半導体メモリーや光ディスクなどに代わって普及するだろう。もっとも,初の「ナノマシン」 … 続きを読む

カテゴリ 2003年4月号, 記事

予知への新しい手がかり 地震連鎖のメカニズム

 次の大規模地震は世界のどこでいつ起こるのか――。それを予知することは地震研究者にとって長年の夢だった。1990年代初めまでは,地震の原因となる断層運動は非常に複雑であり,史上最大級の地震でも何の前ぶれもなくいきなり発生 … 続きを読む

カテゴリ 2003年4月号, 記事

日経サイエンス 2003年4月号

ナノテクノロジー ナノマシンで実現する超高密度メモリー  P. ベティガー/G. ビニッヒ IBMがナノテクを駆使して機械式の高密度メモリーを開発した。2005年にも切手大のメモリーカードとして実用化する。将来は既存の半 … 続きを読む

カテゴリ 2003年4月号, 雑誌