カテゴリ : 2003年3月号

南極の氷が語る海面上昇のシナリオ

 1万2000年ほど前,最後の氷河期(最終氷期)から脱した地球では,タイタニック号に衝突したのと同じぐらいの大きさの氷山が,巨大艦隊のように次々と北大西洋に集結した。当時,欧州と北米の半分を厚く覆っていた巨大な氷床から, … 続きを読む

カテゴリ 2003年3月号, 記事

シャンパンの科学

 キラキラ輝くシャンパンの泡は単に美しいだけでなく,重要な役割を果たしている。泡の誕生から上昇,破裂に至る複雑な物理過程を観察した結果,細かな気泡がシャンパンの香りを運び,風味をひきたてていることがわかった。   … 続きを読む

カテゴリ 2003年3月号, 記事

森林火災の脅威と闘う

 ひとたび燃え上がると大きな被害をもたらす森林火災。日本では一般にそれほど深刻に受け止められていないが,世界的には大きな問題となっている。生態系の破壊や直接的な経済損失だけでなく,地球温暖化を促す要因のひとつとみられてい … 続きを読む

カテゴリ 2003年3月号, 記事

ガンマ線バーストとブラックホールの誕生

 宇宙で最も明るい光を放つガンマ線バースト。1967年7月に大気圏外での核実験を見張っていた軍事衛星が偶然発見して以来,大きな謎とされてきたが,秘密のベールが次第にはがされてきた。    バーストは宇宙のどこか … 続きを読む

カテゴリ 2003年3月号, 記事

美食が人類を進化させた

 私たち人類は風変わりな霊長類だ。巨大な脳を支えながら常に二本足で歩き,熱帯から極地まで地球の隅々に生息地を広げている。人類は,一般的な霊長類から根本的に変わってしまった。こうした違いはどのように生じたのか。人類学者や生 … 続きを読む

カテゴリ 2003年3月号, 記事

ハンチントン病の謎

 ハンチントン病は脳の線条体という部分の神経細胞が死滅する病気だ。19世紀後半にこの病気を報告した内科医ハンチントン(Huntington)父子にちなみ名付けられた。原因遺伝子を持った人は人生半ばの30~40歳代で発病す … 続きを読む

カテゴリ 2003年3月号, 記事

ポロックの抽象画にひそむフラクタル

 抽象表現主義の画家,ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock,1912~1956)。彼が絵の具をカンバスにたらして描いた作品には意外な秘密が隠されていた。一見するとデタラメだが,実は自然界に見られるのと同じ … 続きを読む

カテゴリ 2003年3月号, 記事

日経サイエンス 2003年3月号

気候変動 南極の氷が語る海面上昇のシナリオ  R. A. バインドシェードラー/C. R. ベントレー 地球温暖化のため,南極の巨大な氷床が崩壊し,海面が上昇しているといわれるが本当だろうか。長年の調査により,氷床がどの … 続きを読む

カテゴリ 2003年3月号, 雑誌