News Scan

予測の代償〜日経サイエンス2021年6月号より

記憶がおろそかになるようだ  予測という作業が,現在の出来事を記憶する妨げになることが,最近の研究で示唆された。出来事の記憶に関与している海馬という脳領域は,経験をもとに予測する作業(「統計的学習」と呼ばれる)も担ってい … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, News Scan

ポンペイの壁画と噴火堆積物〜日経サイエンス2021年6月号より

フッ化物塩の生成で劣化する懸念   イタリアの古代都市ポンペイはベスビオ山の噴火による火山灰と火山岩に覆われ,発見され発掘が始まるまで1500年以上にわたって地中に埋もれていた。ほとんどの考古学者は,この噴火堆 … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, News Scan

捨て身で防ぐチョウの攻撃〜日経サイエンス2021年6月号より

一部の植物は葉の組織を犠牲にして チョウに産みつけられた卵を振り落とす   Hans M. Smid キャベツなどアブラナ科の植物の一部は,腹ぺこのイモムシを防ぐために捨て身の戦術を取る。チョウに卵を産みつけら … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, News Scan

花もどき〜日経サイエンス2021年6月号より

ある種の真菌は植物に感染して本物によく似た黄色い“花”に化ける  2006年にガイアナに採集旅行に行った植物学者ワーダック(Kenneth Wurdack)は,カイエトゥール国立公園の飛行場沿いを歩いていて,イエロー・ア … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, News Scan

無線給電で動作する通信素子〜日経サイエンス2021年6月号より

慶大,インフラ点検などへの応用狙う   慶應義塾大学の三次仁教授らは,電源不要の通信用素子を開発した。マイクロ波で稼働に必要な電気を供給するのが特徴で,双方向通信が可能だ。様々なセンサーと組み合わせて使うことを … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, News Scan

捕食する藻類〜日経サイエンス2021年5月号より

光合成と両刀使いの藻類が 小惑星衝突後の暗闇を生き延びた  6600万年前の小惑星衝突は恐竜を絶滅させただけでなく,海をほぼ単純な微生物だけしかいない原始的なスープに戻した。海の生態系が完全な崩壊を免れたのは,光合成の能 … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, News Scan

口まねするクジラ〜日経サイエンス2021年5月号より

オーストラリアのヒレナガゴンドウは シャチの声をまねているようだ    南洋のヒレナガゴンドウはおしゃべりな海生哺乳類だ。そしておしゃべりなだけでなく,その発声を使って強敵をだまそうとしている可能性がある。   … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, News Scan

ビワハゴロモの侵入〜日経サイエンス2021年5月号より

拡散を抑えるため卵を検出する新装置の開発が進む  中国原産のガに似た昆虫,シタベニハゴロモが2014年にペンシルベニア州バークス郡で最初に発見されて以来,この体長2~3cmのビワハゴロモ科の虫は米国東海岸の林業と果樹,ワ … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, News Scan

宇宙での光通信〜日経サイエンス2021年5月号より

遠く離れた探査衛星からのデータ通信容量を拡大 新たなレーザー技術は深宇宙通信の質を高め,最後のフロンティアの開拓を容易にする可能性がある。 現在の宇宙通信の多くは電波による無線信号に頼っている。だが無線信号は光その他の電 … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, News Scan

ゲノム編集食品に初認可〜日経サイエンス2021年5月号より

健康上の利点や収量増に期待   生物の遺伝情報を効率良く改変できるゲノム編集技術によって食卓が変わろうとしている。2020年12月11日にこの技術を使って品種改良されたトマトが「ゲノム編集食品」として国内で初め … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, News Scan

クモの脚の知性〜日経サイエンス2021年4月号より

巣作りに見られる「形態学的計算」 クモの脚はそれぞれ知性を持っているようだ。Journal of the Royal Society Interface誌に発表された研究によると,クモの脚はそれぞれ半独立のコンピューター … 続きを読む

カテゴリ 2021年4月号, News Scan

一緒にフェローフライ〜日経サイエンス2021年4月号より

渡り鳥のような近接飛行で省エネ 近いうちに,旅客機は渡り鳥のように縦一列に並んで飛ぶようになるかもしれない。1機のすぐ後ろにもう1機が続くことで,揚力を稼ぐのだ。欧州の航空機大手エアバスによると,「フェローフライ(fel … 続きを読む

カテゴリ 2021年4月号, News Scan

虫の足をすくうシワ〜日経サイエンス2021年4月号より

植物の葉に興味深い防虫機構を発見 植物は葉を食べる腹ぺこの昆虫を撃退するために驚くほど多様な戦略を進化させた。嫌な味がする毒物やねばねばの樹脂,鋭いとげなどがよく知られているが,先ごろ別の新たな防御策が発見された。葉の表 … 続きを読む

カテゴリ 2021年4月号, News Scan

多様なDNAカッター〜日経サイエンス2021年4月号より

新たに数十種のCas9がリストアップされた ゲノム編集の選択肢が広がりそうだ DNA編集ツールCRISPR-Cas9は遺伝子や遺伝疾患の研究に革命を起こしている。大半の研究者が使っているCas9タンパク質は化膿連鎖球菌( … 続きを読む

カテゴリ 2021年4月号, News Scan

数学と光,半導体に変革〜日経サイエンス2021年4月号より

トポロジカル・フォトニクス幕開け   研究をやり尽くしたと思われがちな半導体分野で,新たな研究テーマが台頭している。形を扱う数学「トポロジー(位相幾何学)」と光を操作できる半導体「フォトニック結晶」が融合した「 … 続きを読む

カテゴリ 2021年4月号, News Scan