News Scan

拒絶反応を血液検査で検知〜日経サイエンス2021年7月号より

心臓移植患者の血中に放出されたドナー由来のDNAを追跡する  心臓移植は手術を受けるだけでも大変だが,数カ月後に免疫系が移植臓器を攻撃し始める場合があり,そうなると致命的だ。医師は拒絶反応の兆候である炎症をチェックするた … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, News Scan

この血痕の主は誰だ?〜日経サイエンス2021年7月号より

人間の血か動物のものかを分光法と機械学習で素早く判定  眠気と戦いながら車を運転していて暗い道でドンという大きな音を聞き,後でバンパーに小さな血痕を見つける。あるいは警察が犯罪現場で,ごく小さいが疑わしい血痕を発見する。 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, News Scan

泥火山のメカニズム〜日経サイエンス2021年7月号より

ロクバタンという山が例外的に活発である理由   溶岩を吐き出すものだけが火山ではない。なかには泥を噴出する火山がある。それも大量に。泥火山(でいかざん)と呼ばれるタイプだ。大半はたまに小さな泥の塊を噴き上げるだ … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, News Scan

タイタンの深い海〜日経サイエンス2021年7月号より

土星最大の衛星の最大の海は高層ビルを呑み込む深さがあるようだ   土星の衛星タイタンは太陽系では地球以外で唯一,液体をたたえた湖や海が表面に存在することが知られている場所だ。それらの特徴は科学者の強い関心の的と … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, News Scan

妊娠中の運動が子の肥満を防ぐ〜日経サイエンス2021年7月号より

運動がお腹の子どもに与える影響の 分子メカニズムが見えてきた  肥満や糖尿病の女性から生まれた子は将来,母と同じ悩みを抱える可能性が高いことが,多くの疫学調査から示されている。肥満や糖尿病の改善には運動が効果的だが,妊娠 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, News Scan

予測の代償〜日経サイエンス2021年6月号より

記憶がおろそかになるようだ  予測という作業が,現在の出来事を記憶する妨げになることが,最近の研究で示唆された。出来事の記憶に関与している海馬という脳領域は,経験をもとに予測する作業(「統計的学習」と呼ばれる)も担ってい … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, News Scan

ポンペイの壁画と噴火堆積物〜日経サイエンス2021年6月号より

フッ化物塩の生成で劣化する懸念   イタリアの古代都市ポンペイはベスビオ山の噴火による火山灰と火山岩に覆われ,発見され発掘が始まるまで1500年以上にわたって地中に埋もれていた。ほとんどの考古学者は,この噴火堆 … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, News Scan

捨て身で防ぐチョウの攻撃〜日経サイエンス2021年6月号より

一部の植物は葉の組織を犠牲にして チョウに産みつけられた卵を振り落とす   Hans M. Smid キャベツなどアブラナ科の植物の一部は,腹ぺこのイモムシを防ぐために捨て身の戦術を取る。チョウに卵を産みつけら … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, News Scan

花もどき〜日経サイエンス2021年6月号より

ある種の真菌は植物に感染して本物によく似た黄色い“花”に化ける  2006年にガイアナに採集旅行に行った植物学者ワーダック(Kenneth Wurdack)は,カイエトゥール国立公園の飛行場沿いを歩いていて,イエロー・ア … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, News Scan

無線給電で動作する通信素子〜日経サイエンス2021年6月号より

慶大,インフラ点検などへの応用狙う   慶應義塾大学の三次仁教授らは,電源不要の通信用素子を開発した。マイクロ波で稼働に必要な電気を供給するのが特徴で,双方向通信が可能だ。様々なセンサーと組み合わせて使うことを … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, News Scan

捕食する藻類〜日経サイエンス2021年5月号より

光合成と両刀使いの藻類が 小惑星衝突後の暗闇を生き延びた  6600万年前の小惑星衝突は恐竜を絶滅させただけでなく,海をほぼ単純な微生物だけしかいない原始的なスープに戻した。海の生態系が完全な崩壊を免れたのは,光合成の能 … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, News Scan

口まねするクジラ〜日経サイエンス2021年5月号より

オーストラリアのヒレナガゴンドウは シャチの声をまねているようだ    南洋のヒレナガゴンドウはおしゃべりな海生哺乳類だ。そしておしゃべりなだけでなく,その発声を使って強敵をだまそうとしている可能性がある。   … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, News Scan

ビワハゴロモの侵入〜日経サイエンス2021年5月号より

拡散を抑えるため卵を検出する新装置の開発が進む  中国原産のガに似た昆虫,シタベニハゴロモが2014年にペンシルベニア州バークス郡で最初に発見されて以来,この体長2~3cmのビワハゴロモ科の虫は米国東海岸の林業と果樹,ワ … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, News Scan

宇宙での光通信〜日経サイエンス2021年5月号より

遠く離れた探査衛星からのデータ通信容量を拡大 新たなレーザー技術は深宇宙通信の質を高め,最後のフロンティアの開拓を容易にする可能性がある。 現在の宇宙通信の多くは電波による無線信号に頼っている。だが無線信号は光その他の電 … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, News Scan

ゲノム編集食品に初認可〜日経サイエンス2021年5月号より

健康上の利点や収量増に期待   生物の遺伝情報を効率良く改変できるゲノム編集技術によって食卓が変わろうとしている。2020年12月11日にこの技術を使って品種改良されたトマトが「ゲノム編集食品」として国内で初め … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, News Scan