日経サイエンス  2022年2月号

特集:宇宙観測と量子技術

天文学は2つの宇宙観測技術によって大発展した。多数のアンテナを連携させて実効的に超大口径の電波望遠鏡を実現する電波干渉計と,大気ゆらぎの影響を除去して,地上の光学望遠鏡の解像度を宇宙望遠鏡並みに引き上げる補償光学だ。これらの技術が量子技術と結びついて新たな展開を見せようとしている。電波干渉計の技術を光に応用すれば地球サイズの光学望遠鏡が実現,天文学に革命が起きるが,非常に難しい。この壁を突破する新技術として,光子の量子状態を保存できる量子ハードドライブが注目されている。一方,通信の究極の安全を確保する量子暗号通信を人工衛星を使って実現するには,衛星・地上間での情報のやり取りが問題になるが,これを補償光学で解決するアイデアが提案されている。


量子が開く地球サイズの光学望遠鏡  A. アナンサスワーミー

星がくっきり撮像技術 衛星量子通信・宇宙ゴミ対策に
  T. トラブイヨン/C. ドルジュヴィル/F. ベネット

サイト内の関連記事を読む