日経サイエンス  2021年12月号

賢い農法で地球を救う

J. ハンデルスマン(ウィスコンシン大学マディソン校)

 1930年代に米国中西部を襲った砂嵐「ダストボウル」は土壌劣化が招く破滅的な結果を世に示した。それまでの数十年に及ぶ農耕によってグレートプレーンズ(中西部の大平原)の肥沃な土が剥ぎ取られ,干ばつの影響を受けやすくなっていた。猛烈な風が地面から土煙を巻き上げ,大気は埃まみれになり,大地は不毛の荒野と化した。飢えや肺の病で何千もの命が失われ,生き延びた者の多くは食物と仕事,きれいな空気を求めて西へ移住した。

 今日の私たちは再び極度の土壌侵食の脅威に直面しており,今回は気候変動のせいで深刻度が増している。食料供給と地球の健康の両方が脅かされるという未曾有の危機だ。だが,この破局的結末を回避する立役者となりうる人々がいる。農家だ。手軽な手法によって土壌にもっと多くの炭素を組み込むことで,土壌侵食と気候変動の両方を緩和できる。

著者

Jo Handelsman

ウィスコンシン大学マディソン校ウィスコンシン・ディスカバリー研究所の所長。オバマ大統領の科学顧問を務めた。近著は2021年11月に出版される「A World Without Soil」(エール大学出版局)。

関連記事
土壌を守る不耕起農法」,D. R. ハギンズ/J. P. レガノルド,日経サイエンス2008年11月号。

原題名

How Dirt Could Help Save the Planet(SCIENTIFIC AMERICAN July 2021)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

4パーミルイニシアチブ不耕起農法カバークロップ被覆作物集約放牧土壌炭素排出削減