日経サイエンス  2021年11月号

創刊50周年企画:科学の50年そして現在

南部陽一郎の 「対称性の自発的破れ」から半世紀 宇宙の暗黒に迫る

村山 斉(カリフォルニア大学バークレー校/東京大学)

 宇宙のほとんどは暗黒物質と暗黒エネルギーという正体不明の存在でできている。この宇宙の暗黒セクターは,素粒子物理学のベースである「標準理論(標準モデル)」が直面する問題と深いつながりがある。そうした問題を解く有力な考え方が,半世紀以上前に南部陽一郎博士が提唱した「対称性の自発的破れ」という理論だ。素粒子論と宇宙論のリーダーの1人である村山斉博士は,この南部理論を駆使し,暗黒セクターに関わる様々な研究成果を上げている。

著者

村山 斉(むらやま・ひとし)

1964年東京生まれ,91年東京大学大学院博士課程修了。東北大学,米国立ローレンス・バークレー研究所を経てカリフォルニア大学バークレー校に。2000年に同校の教授,04年から同校マックアダムス冠教授になり,現在に至る。東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構では初代機構長として2007年から11年間,同機構を主導,今も主任研究者・ 教授として活動。19年に東京大学はその功績から特別教授の称号を授与。超対称性の自発的破れの研究で西宮湯川記念賞受賞。一般向け著作も多く,『宇宙は何でできているのか』 (2010年,幻冬舎新書)はベストセラーになった。背景画像は,すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ(HSC)で撮影した深宇宙の画像。

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

標準理論標準モデル対称性の自発的破れ南部理論パイ中間子ヒッグス粒子ヒッグス機構超対称性超対称性の自発的破れ超対称性粒子陽子崩壊アノマリー媒介機構超空間ボース粒子フェルミ粒子PQ対称性CP対称性アクシオンT対称性隠れたセクターWIMPSIMPカイラル対称性ゲージ対称性電弱統一理論大統一理論超弦理論量子色力学BCS理論南部・ゴールドストーン粒子クォーク色荷暗黒物質ダークマター暗黒エネルギーダークエネルギー宇宙の暗黒セクターインフレーション宇宙の加速膨張ILCLHCPFSHSCすばる望遠鏡