日経サイエンス  2021年6月号

知られざる水源 山岳氷河の危機

W. イマージール(オランダ・ユトレヒト大学)

 ヒマラヤなどの高峰は,冬に降った雪を氷河や雪塊として蓄える。それらが春から徐々に融け出して川に流れ込み,下流にすむ人々の生活や産業を支えている。しかし山岳地帯では地球温暖化の影響が平野部より強く,氷河は後退している。短期的には農業への打撃や洪水の深刻化をもたらし,今世紀の後半には水の供給量そのものが減っていくと予想される。

著者

Walter Immerzeel

オランダ・ユトレヒト大学の自然地理学教授。山地水文学グループ長。2002年よりネパールに居住し,ヒマラヤ高地の氷雪を計測している。

関連記事
南極の氷床が崩壊中? 海面上昇加速の危機」,R. B. アリー,日経サイエンス2019年5月号。

原題名

Peak Water(SCIENTIFIC AMERICAN January 2021)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

集水域山岳氷河雪塊短波放射長波放射