日経サイエンス  2021年6月号

DNAが明かす疫病史 ペスト流行とローマの興亡

J. P. クローズ(サイエンスライター)

古代の遺骨などから病原体のDNAを採取して調べる研究が進み,歴史的な感染症パンデミックの原因を特定できるようになった。6世紀の東ローマ帝国を襲った疫病がペストであると確認されたのが一例だ。こうした古DNAの解析から,病原体の進化や拡散ルートをたどることができる。先史時代から現代まで,病原体が人類史を大きく左右してきた歴史が浮かび上がっている。

著者

James P. Close

英国の南西イングランド在住のサイエンスライター。

関連記事
DNA 解析が明かす先史ヨーロッパ 農耕民による狩猟採集民の征服」,L. スピニー,日経サイエンス2021年3月号。

原題名

Ancient Plagues Shaped the World(SCIENTIFIC AMERICAN November 2020)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

東ローマ帝国ユスティニアヌスの疫病黒死病歯髄腔ヤムナ文化バイオフィルムアステカ帝国ココリツトリサルモネラ・パラチフスC菌