日経サイエンス  2021年5月号

徹底解説:COVID-19ワクチン接種

次に控える新設計ワクチン

Z. コーミエ(サイエンスライター)

パンデミック収束に向け,COVID-19ワクチンの接種が始まった。ただ,第一陣のワクチンには有効性や大量生産,広域展開の点で課題がある。ワクチン学のここ15年間の目覚ましい進展を背景に,240近くの新しいCOVID-19ワクチン候補が開発中で,それらのなかから,より優れた性質を持つタイプが実用化される可能性がある。

著者

Zoe Cormier

英ロンドンに拠点を置くサイエンスライター。動物学に詳しい。著書に「Sex, Drugs and Rock’ n’ Roll: The Science of Hedonism and the Hedonism of Science」(プロファイルブックス,2014年)がある。

原題名

The Second-Generation COVID Vaccines Are Coming(scientificamerican.com on January 20, 2021)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

COVID-19新型コロナウイルスワクチンファイザービオンテックモデルナ自己増殖RNAワクチンタンパク質サブユニットワクチンタンパク質ナノ粒子ワクチンノババックス