日経サイエンス  2021年2月号

現場ルポ 姿現し始めた核融合実験炉ITER

C. モスコウィッツ(SCIENTIFIC AMERICAN編集部)

日米欧ほかの国際協力で準備が進んでいる国際熱核融合実験炉(ITER)は核融合エネルギーの利用を目指す過去最大にして最も野心的な試みだ。曲折の末,2020年7月に本体装置の組み立てが正式に始まった。地上に太陽を作り出す“夢のエネルギー”に果たして手が届くのか? 成否は未知数だが,巨大な実験炉は夢への一里塚だ。その姿をリポートする。

関連記事
ITER悪戦苦闘」,G. ブラムフィール,日経サイエンス2012年10月号。

原題名

Fusion Dreams(SCIENTIFIC AMERICAN December 2020)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

国際熱核融合実験炉プラズマトカマク型ポロイダル磁石トロイダル磁場コイル