日経サイエンス  2021年1月号

特集:科学の近代史 発見と過ちの175年

感染症との終わりなき戦い コレラから新型コロナまで

M. マッケンナ(ジャーナリスト)

20世紀,感染症の予防と治療は劇的に進歩した。米国人の平均余命は47歳から76歳へと飛躍的に延び,天然痘は撲滅され,ポリオは激減した。専門家は,感染症との戦いは将来「退屈なものになる」と予測した。

だが予測は外れた。1980年代に出現したAIDSは世界に蔓延し,その後もハンタウイルスの流行,抗生物質が効かない細菌「スーパーバグ」の出現などが相次ぎ,今また新型コロナウイルスのパンデミックが起きている。

人口の増加,移動のグローバル化,気候変動,都市化,大規模な開拓などにより,新興感染症が出現する危険性は増している。いったん流行が始まると,貧困が感染拡大の最大の要因となる。新興感染症に対抗するには,不断の研究と社会の変革が必要だ。

著者

Maryn Mckenna

公衆衛生,グローバルヘルス,食料政策を専門とするジャーナリスト。エモリー大学人間健康研究センター主席研究員。近著に「Big Chicken: The Incredible Story of How Antibiotics Created Modern Agriculture and Changed the Way the World Eats」(ナショナル・ジオグラフィクス・ブックス,2017年)がある。

関連記事
不平等が蝕む健康」,R. M. サポルスキー,日経サイエンス2018 年5 月号。

原題名

Return of the Germs(SCIENTIFIC AMERICAN September 2020)

サイト内の関連記事を読む