日経サイエンス  2020年6月号

麻薬性鎮痛薬からの離脱

C. ウォリス(サイエンスライター)

米国ではかねて疼痛治療に麻薬性鎮痛薬(オピオイド)が処方されてきたが,合法・違法薬の多用による死者や依存が社会問題となり,厳しい制限が設けられた。用量を急に減らすと痛みに耐えられず,むしろ危険だ。高用量のオピオイドから安全に離脱する方法が模索されている。時間をかけて減薬しつつ,精神面のサポートを行う方法がある。

著者

Claudia Wallis

サイエンスライター。本誌に健康科学関連のコラム「ヘルス・トピックス」を連載中。

原題名

Unbound from Opioids(SCIENTIFIC AMERICAN January 2020)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

オピオイドパーコセットオキシコンチン線維筋痛症認知行動療法ブプレノルフィン・ナロキソン