日経サイエンス  2020年6月号

特集:超巨大火山

鬼界カルデラを探る 海底溶岩ドーム発見

中島林彦(日本経済新聞) 協力:巽 好幸(神戸大学)

日本列島ではここ約10万年で10回,超巨大噴火が起きた。直近は7300年前に九州南方の火山島で起きた鬼界カルデラ噴火で,火砕流が鹿児島県南部を襲って南九州の縄文文化が滅び,東北地方まで火山灰が降った。  近年,その超巨大噴火で海に没した火山の探査が進んでいる。マグマの大量放出で火山が陥没してできた巨大カルデラは二重リング構造をしており,中央部に世界最大規模の溶岩ドームが存在することがわかった。カルデラの地下構造は超巨大噴火のメカニズム解明のための重要情報になる。カルデラの斜面の掘削調査では過去2回の超巨大噴火の火砕流堆積物層が確認された。この火砕流で大津波が生じた可能性がある。




著者

中島林彦 / 協力:巽 好幸

中島は日本経済新聞記者。巽は神戸大学海洋底探査センター長(2020年4月からは同大学特別顧問)。専門はマグマ学。一般向けの著作も多く近著は『火山大国日本 この国は生き残れるか』(さくら舎)。

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

鬼界カルデラ鬼界ヶ島薩摩硫黄島竹島硫黄岳巨大カルデラ破局噴火超巨大噴火スーパーボルケーノ火山フロント姶良カルデラ桜島ちきゅう深江丸かいめいアカホヤマグマ溜まり火砕流縄文文化鹿児島地溝反射法地震探査溶岩ドーム再生ドーム