日経サイエンス  2020年6月号

特集:超巨大火山

 平家物語に登場する俊寛僧都(しゅんかんそうず)流刑の地,鬼界ヶ島とも伝えられる薩摩硫黄島は九州本土最南端から南西約40kmの洋上に浮かぶ火山島だ。同島は超巨大火山「鬼界カルデラ」の頂上部。日本では過去約10万年で10回,超巨大噴火が起きており,直近は7300年前の同カルデラの噴火で,火砕流が鹿児島県南部を襲って南九州の縄文文化が滅び,東北地方まで火山灰が降った。近年,この鬼界カルデラの中央部で世界最大規模の溶岩ドームが発見された。超巨大噴火のメカニズム解明のための重要な手掛かりになる。南米の超巨大火山ラグナ・デル・マウレでは次の超巨大噴火に向けて膨大な量のマグマが溜まりつつあることが判明。超巨大噴火に至るプロセスの一端がわかってきた。
 
 
鬼界カルデラを探る 海底溶岩ドーム発見  中島林彦 協力:巽 好幸
ラグナ・デル・マウレ 超巨大火山覚醒の仕組み  S. ホール

サイト内の関連記事を読む