日経サイエンス  2015年2月号

特集:世界の科学力 多様性を求めて

ジェンダー・ギャップ

博士レベルに見られる男女差

SCIENTIFIC AMERICAN編集部

大学に進学して理工系分野を専攻する女性が増えているものの,世界の多くの国で女性は科学の職場でいまだに少数派だ。比較可能な数字はなかなかないが,例えば博士号(Ph. D.)の授与数に差が表れている。この図は全米科学財団(NSF)が収集したデータをもとに,56カ国・地域における博士レベルのジェンダー・ギャップを描いている。各国の状況は大きく異なるが,世界的傾向とは異なる興味深い例外がいくつか見て取れる。(編集部 訳)

 

記事のPDFはこちら

原題名

Gender Gap(SCIENTIFIC AMERICAN October 2014)

サイト内の関連記事を読む