日経サイエンス  2015年2月号

特集:世界の科学力 多様性を求めて

本誌は過去2回の特集「世界の科学力」で共同研究の現状を見てきた。前回(2014年6月号)は技術革新,初回(2013年1月号)は基礎研究に焦点を当てたが,今回は個人の視点からこの問題を考える。キーワードとなるのは「多様性」。科学分野では明らかに,メンバーの多様性がチームの質と効率に直結している。

 

包摂の方程式  F. グタール

多様性の効用  K. W. フィリップス

 

【WEB限定】

最良のアイデアを求めて  S. C. ヒル

ジェンダー・ギャップ  SCIENTIFIC AMERICAN編集部

多様な人材を招くには  V. プラウト

「見える化」の試み  B. ウェレー/M. スミス

原題名

State of the World's Science 2014(SCIENTIFIC AMERICAN October 2014)

サイト内の関連記事を読む