日経サイエンス  2014年12月号

特集:人類進化 【第2部 我々はどこが違うか】

生まれながらの協力上手

G. スティックス(SCIENTIFIC AMERICAN編集部)

 人間とサルの違いは? チンパンジーは一般的な推論能力テストで幼い子供と同様の高得点を上げる。ただし,人間に生来備わっている社会的技能の多くを欠いており,大集団での協力をしない。人間は他者が考えていることを直観的に理解する能力を進化させた。いわば“空気を読む”ことができ,共通の目的に向かって力を合わせられるようになった。

 

 

再録:別冊日経サイエンス219 「人類への道 知と社会性の進化」

 

原題名

The “It” Factor(SCIENTIFIC AMERICAN September 2014)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

9カ月革命アリ釣り社会脳仮説意図の共有オキシトシン心の理論