日経サイエンス  2014年12月号

特集:人類進化 【第1部 我々はどこから来たのか】

進化を加速したハンマー

I. タッターソル(アメリカ自然史博物館)

 人類700万年の歴史は長いように見えるが,サルに似た最初のヒト族が高度な文明を持つ現代人に変貌する時間としては短い。人類の進化は異例の高速だったのだ。なぜか? ある説は文化的発展と気候変動を重視する。気候変動によってヒト集団が何度も分断され,小集団では新たに生じた遺伝的・文化的特色が速やかに定着したため,種分化が加速した。

著者

Ian Tattersall

ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館の名誉キュレーターを務める古人類学者。ヒト族とキツネザルなどを研究,これら霊長類に関する論文や著作を数多く執筆している。

原題名

If I Had a Hammer(SCIENTIFIC AMERICAN September 2014)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

種分化遺伝子・文化の共進化