日経サイエンス  2014年12月号

特集:人類進化 今も続くドラマ

編集部

 近年の相次ぐ大発見と関連分野の研究の急進展によって,人類の出現からホモ・サピエンスがネアンデルタール人などの旧人類に勝利するまでの遠大な人類進化の物語のほとんどあらゆる章について改訂を迫れられている。人類の起源に関する研究がこれほど生き生きと感じられたことはこれまでなかった。人類の物語がこれほどわくわくするものになったことはないのだ。この物語は3部構成だ。第1部「我々はどこから来たのか」では,からみあう人類進化の系統樹に目を向け,現生人類の枝が他の枝を排除して生き延びるのを助けた要素について考える。第2部「我々はどこが違うか」では,私たちがどのような点で他の霊長類と異なるかを探り,それらの特徴がどのように人類の繁栄基盤を築いたのかを見る。第3部「我々はどこへ行くのか」では,孤独の解消から病気の治療まで様々な問題を解決する技術であふれた現代の世界における,人類進化の未来について考える。

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

ライジング・スターマラパホミニンホモ・サピエンスセディバ猿人ホモ・フローレシエンシスデニソワ人ネアンデルタール人グルジア・ドマニシ