日経サイエンス  2014年12月号

詳報 ノーベル生理学・医学賞

空間を把握する脳のメカニズムを解明

古田彩(編集部)

 私たちはなぜ,自分が「ここにいる」とわかるのだろうか? 昨日とは違う部屋の中にいるとか,同じ部屋の中でも隅っこにいるとか,一体どのように判断しているのだろう。

 

 今年のノーベル生理学・医学賞は,動物が空間を把握するメカニズム解明の先駆けとなった英ロンドン大学ユニバーシティカレッジのオキーフ(John M. O’Keefe)博士と,近年,この研究を一気に発展させて注目を集めるノルウェー科学技術大学のモーザー博士夫妻(May-Britt Moser, Edvard I. Moser)に授与されることが決まった。

 

 オキーフ博士らは1971年,ラットが部屋の中を歩き回っているとき,「右の隅」「左寄りの中央」など,ある特定の場所に来た時に発火する細胞を発見した。この細胞は,マウスの海馬の最も背側にあるCA1野という部分にあり,「場所細胞」と名付けられた。

 

 オキーフ博士の発見は動物の空間把握を解明する端緒となった。だが,どうして場所細胞が特定の場所で発火するのか,何が場所細胞に「ラットの居場所」を教えているのかというさらに上流の仕組みは,長年謎のままだった。これを明らかにしたのが,モーザー博士夫妻だ。

 

脳活動というのはつまるところ,様々なニューロン集団の発火の組み合わせだ。その単純な信号をどのように組み合わせ,複雑な脳の活動が生み出されているかを数理的に解明する研究が近年盛んになっている。3氏の研究は,その先駆けとも言える。

 

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

場所細胞グリッド細胞空間把握海馬嗅内皮質