日経サイエンス  2014年9月号

経済に潜むポンジ詐欺

K. バス(コーネル大学)

 オレオレ詐欺やネズミ講にはご注意を。この種の詐欺は後を絶たない。投資を運用せず自転車操業的に配当に回す投資詐欺は「ポンジ・スキーム」と呼ばれ,19世紀から何度も繰り返してきた。だが,現代の経済活動には違法とはいえないもののポンジ・スキーム的な構造が見られる。金融バブル現象のほか,ストックオプションにもそうした側面がある。規制当局は対処手段を欠いている。くれぐれもご注意あれ。

著者

Kaushik Basu

世界銀行の上席副総裁兼チーフエコノミストで,コーネル大学で経済学の教授を務めている。ポンジ・スキームのほか,贈収賄に関する法的・経済学的な研究など,多分野にわたって幅広い研究を行ってきた。

原題名

The Ponzi Economy(SCIENTIFIC AMERICAN June 2014)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

ポンジ・スキームマドフ事件後ろ向き帰納法ミシシッピ会社ストックオプション行動経済学ドッド・フランク法TBTF政策